悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

TOP > 交通事故 > 交通事故弁護士

目次

知識に優れた弁護士が対応してくれる交通事故の慰謝料

自分が交通事故の被害者となり慰謝料を受け取る事を決定しても、そのまま受け入れていいのか判断が難しい場合もあると思いますが、そんな時には交通事故弁護士に意見を求めるといいでしょう。

弁護士は交通事故の慰謝料に関する知識に優れていますので、何か交渉しないといけない時などには、好ましい対応ができるでしょう。

また、交通事故の慰謝料で交渉しないといけないけれど分からない事が多すぎて困っているという時にも、弁護士が活躍する事でしょう。

分からない交通事故の慰謝料について交渉するのはハードでしょう。弁護士はきっとあなたの期待に応えるために、そして交通事故の慰謝料で満足できる様に頑張ってくれる事でしょう。

困った時には、弁護士に助けを求めると、力になってくれる事でしょう。

交通事故弁護士は大阪弁護士会所属弁護士法人みお綜合法律事務所。大阪、京都、神戸駅前の交通事故に強い弁護士事務所です。

交通事故弁護士と保険会社の選び方

交通事故弁護士に相談をするにあたり、加入先の保険会社のスタッフにアドバイスを受けることがとても大事です。

特に、人身事故の対処法については、数々のメディアで紹介されることがありますが、それぞれのケースの実状に応じて、冷静に判断をすることが求められます。

実績のある交通事故弁護士が在籍している法律事務所は、全国の都市部を中心に増え続けていますが、早いうちから相談の内容や報酬額の相場をチェックすることがおすすめです。

そして、保険会社のサポートの内容に目を向けることによって、将来的な問題の発生を予防することが肝心です。

交通事故弁護士は保険会社との交渉もばっちり

交通事故の加害者が保険に加入しているときは、損害賠償についての示談交渉は保険会社と行います。

このとき、交通事故弁護士に交渉を代理してもらった方が安全です。その理由は、知識の差があるため、自分で交渉すると不利な契約を結んでしまう可能性があるからです。

保険会社の担当員はそれを専門に扱っているだけあって、法的知識も交渉ノウハウも持ち合わせています。

そのため、自分で対応すると負けてしまう可能性があります。その点、交通事故弁護士ならば、それ以上の知識やノウハウを持っているため、交渉で負けてしまうことはなくなります。

交通事故手続きの初心者は交通事故弁護士相談を利用しよう

交通事故の被害者が、事故直後からさまざまな手続きに直面し、右も左もわからずに混乱するのは当然のことです。

重傷の場合は病院にいて身動きがとれないでしょうから、周囲の人が交通事故弁護士相談に出向くのが望ましいでしょう。

重傷の交通事故なら、事故直後からの弁護士への相談は必須のことです。しかし、ほとんどすべての被害者は、交通事故手続きについては初心者です。

そのため、交通事故弁護士への相談の必要性にも気づかずにいることがあります。

示談の場で気づく被害者も多いのですが、それではかなり不利になります。交通事故弁護士への相談は早ければ早いほど良いのです。

交通事故弁護士は、事故のエキスパート

もし、交通事故を起こしてしまった場合、特に、自分の車の運転等で加害者になってしまった場合、交通事故弁護士にお願いした方がよい場合があります。

それは、自分に非がないのに相手にケガをさせてしまった、よく言う当たり屋です。

証拠がないようにぶつかってきますので、加害者が被害者になってしまいます。そんなとき、エキスパートの力を持った交通事故弁護士を依頼しましょう。見えない証拠を重ねて、真実を証明してくれます。

あなたが、起こしてない事故を交通事故弁護士の手でしっかり証拠付けして、不当な被害を被ることのないようにしましょう。

人身事故を起こした場合は交通事故弁護士に依頼

交通事故を起こした場合でも、ほとんどのケースでは自動車保険の損害保険会社が示談を代行してくれるので、交通事故弁護士に依頼する必要がなく事故処理が済んでしまいます。

しかし、人身事故になってしまった場合は、事故の治療費や慰謝料でもめる可能性もあって、交通事故弁護士に依頼した方がいいケースもあります。

人身事故になると、交通事故慰謝料や損害賠償などの民事の賠償責任の他に、刑事責任も問われることになるため、示談交渉を慎重に行う必要があります。

そのため、刑事責任が絡むケースでは、交通事故弁護士に相談しておいた方がいいでしょう。

弁護士を選び交通事故の後遺障害を相談

すべての弁護士が交通事故の後遺障害に関する相談に対応できる分けではありません。交通事故の後遺障害というのは、とても専門的な分野になりますので、この分野を専門としている弁護士は多くない事もあります。

弁護士の知人がいる人であっても、交通事故の後遺障害を扱う事ができるかどうかという事は分からない事もあります。

専門外だという場合には、交通事故の後遺障害が得意な弁護士を別途探す必要があります。

交通事故の後遺障害を得意としている弁護士を探すのに時間がかかってしまうという事もあります。

ネットをフル活用する事で、随分見つけやすくなる事もありますし、法テラスなどの機関を利用する方法もあります。

交通事故の後遺障害で弁護士へ相談

時間が経った際にも本当に交通事故の後遺障害で弁護士へ相談しておいてよかったと思えるためにも、弁護士選びは大事です。交通事故の後遺障害で弁護士へ相談する事により、今後の自分の人生が大きく変わる事もあります。

交通事故の後遺障害で弁護士へ相談する際には、どの人に相談するかという事も大きな岐路となります。交通事故の後遺障害で相談する弁護士が自分に合うかどうかという相性もあります。

交通事故の後遺障害で相談するなら、どんな事でも相談できて、親身になってくれる様な専門家の方がいいと考える人は多い様です。

無料相談があれば、事前に話をする機会もありますので、きっと参考になるでしょう。

いろいろな事案に対応可能なのは交通事故に強い弁護士です

法律事務所は会社組織とちょっと違い、組織全体でいろいろな仕事に対応する大法律事務所もありますが、普通は少人数の先生が法律事務所を形成しているので、その法律事務所のメインとなる弁護士の得意分野がその法律事務所の得意分野になります。

便利なのは、交通事故に強い先生であり、交通事故関連では対人、対物、自賠責保険、任意保険の知識が求められ、対物で言えば自動車の修理費に関する知識が必要であり、対人で言えば捻挫、骨折の治療に関する知識等、医学全般に関する知識の他、健康保険関連の知識が必要であり、損害賠償に関する基本的な部分はマスターしているので、訴訟のみならず、示談交渉でも十分に対応可能です。

事故をおこしたら交通事故弁護士に相談を

自分が万が一、事故をおこして加害者になってしまったとき、被害者側に慰謝料を払わなければならないかもしれません。

そういったとき、自分の加入している保険会社だけでは慰謝料が莫大になったり、何度もやり取りするのが大変になったりします。

交通事故弁護士は、交通事故を専門に取り扱う、交通事故に精通した弁護士です。

複雑で手間のかかるやり取りや交渉を交通事故弁護士に任せることができ、そして慰謝料を抑えることができるかもしれません。

プロの目線から、事例や裁判の資料を元に判断してくれるので、トラブルを最小限に防ぐことができます。

弁護士特約利用で依頼できる交通事故弁護士

任意保険で弁護士費用の特約がついているのを説明された経験はありませんか。その弁護士を交通事故弁護士と言います。

その費用は事故や依頼する弁護士によって異なる場合が多いようです。

特に慰謝料が大きく異なるのは予想がつくと思いますが、それに加えて人道的なサポートもしてくれます。

もし、相手に怪我をさせてしまった場合、自分で、いつ、何時ごろに見舞いに行けばいいのかわからないと思います。

そのような細かい所までサポートをしてくれるのが交通事故弁護士です。今までに加入している保険を見直す際には、弁護士の特約が入っているか確認してみるのもいいでしょう。

交通事故弁護士の必要性

昨年の交通事故件数は40万件を超えています。交通事故が発生すると、被害者に対し加害者が慰謝料を支払うことになります。

交通事故の当事者同士での示談が成立する場合もありますが、慰謝料の金額は高額になることも少なくありません。

その慰謝料に対して、当事者間で示談が成立しない場合には第三者が介入することになります。その第三者として代表的なのが、交通事故弁護士といえます。

自動車だけでなく、自転車での事故が問題視される現在、自動車を運転する人だけでなく自転車の運転手、歩行者の立場でも弁護してもらえる交通事故弁護士は多くの人に必要とされるでしょう。

交通事故弁護士に依頼迷う

交通事故に遭ってしまったら、保険会社に連絡するだけで十分なのでしょうか。もし、加害者が誠実な対応をしてくれないなら、交通事故弁護士に依頼してみると良いでしょう。

彼らは保険会社同様、交通事故のプロで、被害者の代わりに対応してくれます。

例えば、治療が必要で通院しなければならないケースもあるでしょう。完治までしっかり支払ってくれれば問題ありませんが、途中で打ち切ると言ってくる加害者もいます。

慰謝料がかなり低いというケースもあります。こういった場合に交通事故弁護士は活躍します。

依頼しようか迷うかもしれませんが、自分のため、まずは相談しに行ってみると良いでしょう。

交通事故弁護士に依頼する理由

ほとんどの場合、加害者側が任意保険に入っているので、交通事故弁護士に依頼しなくても自分自身で示談交渉すればよいと考える方もいることでしょう。

しかし、示談交渉は過失割合や損害賠償金について具体的に話し合わないといけないので、加害者と言い分が噛み合わず、お互い感情的になりトラブルに発展するケースも少なくありません。

また、被害者は示談の知識や交渉能力を持っていないので、保険会社の言い分を信じてしまうことも多いでしょう。

保険会社も利益を追求しなければならないので、被害者が損をしてしまう場合もあります。そのため、事故直後に交通事故弁護士へ依頼することをおすすめします。

強い交通事故弁護士の選び方

弁護士にはそれぞれ得意分野があります。弁護士事務所のホームページなどを見ると、過払い請求や債務処理、相続手続き、離婚など専門性を謳っています。

多数の弁護士を抱えている弁護士事務所にはそれぞれ専門分野を持った弁護士が在籍しているかもしれませんが、個人で開設している弁護士事務所で多くの専門分野をホームページなどで書いている所は信用性に欠けるかもしれません。

SNSやブログ、交通事故の裁判の記事などを見て、どれを専門的に扱っている交通事故弁護士なのか判断するのが良いでしょう。

弁護士向けポータルサイトを参考にするのもおすすめです。

交通事故の相談に関する記事

メニュー