悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

TOP > 弁護士 > 弁護士の相談費用

目次

弁護士の相談費用

弁護士の相談費用や依頼料が心配のため、相談を行っていないかたも多いのではないでしょうか?

実際には相談料は依頼内容にもよりますが、賠償請求など、相手方からの支払われた金額により決定するものなど様々です。

また、料金の設定なども、弁護士事務所によりばらつきがあるため、インターネットなどで調べてみるのも良いのではないでしょうか?

依頼する前に見積もりを提示してもらうことで、支払いの心配をせず、相談内容に集中することも可能です。

https://www.miolaw.jp/大阪弁護士会所属みお綜合法律事務所。企業法務から交通事故、相続、債務整理まで!

弁護士相談を利用する前に

いきなり弁護士の所に行って法律相談をするというのは、相談費用が高くつくのではないかと尻込みしてしまっている人が、実際には多い様です。

いろんな問題やトラブルなどがあると思われますが、中にはできるだけ早めに解決した方がいいと思われる相談内容もあるかと思われます。

まずは、個人の事務所に行く前に、公的な機関である所で相談すると、話がしやすいのではないでしょうか。

きっとこれから具体的に解決に向けてアクションを起こしていくと思いますが、その際にも役立ちそうなアドバイスをもらえる事もあるでしょう。

弁護士なしでは解決が難しい問題もあるかと思いますので、法律相談も活用したいですね。

弁護士に借金相談をすると過去の過払い金が返金される

弁護士に借金相談をすると、過去の過払い金が返金されます。借金が残っている場合には、借金から差し引き計算をされて、差額が返金されます。借金のほうが大きい場合には債務整理をすることになるので注意が必要です。

よく誤解されていますが、弁護士に相談しても過払い請求の時効が10年となっているからといって、過去10年分しか戻ってこないわけでもありません。

20年前にお金を借りて、契約がずっと続いていたなら、20年前から計算をすることができます。

長期でお金を借りていた人は、過払い金の金額も大きくなります。弁護士に借金相談をすると、だいたいいくらが返金されてくるのか、教えてもらうことができます。

弁護士への借金相談から和解書の取り交わしまでの流れ

完済できる見込みが立たなくなってしまった借金を踏み倒すことなく処理するための手段として債務整理の手続きがあります。

この債務整理の手続きをすることによって法的に借金を整理することができるのですが、その手続きの過程では利息制限法に基づいた引き直し計算が行われ、過払い金が発生していないかが確認されることになります。

これは司法書士や弁護士などに借金相談をし、そのうえで債務整理の手続きを依頼したならば必ず行われることとなっています。

もしも、過払い金が発生いたときには返還される金額や返還時期について交渉が行われ、その後に和解書が取り交わされることになっています。

支払い過ぎた利息が戻ってくることで借金を大幅に減らすことも可能なので、現時点で借金に困っているという人は弁護士などの専門家に借金相談をしてみるようにしましょう。

依頼する弁護士、法律事務所の選び方について

法律トラブルが起きた際に相談したり仕事を依頼したりする弁護士を選ぶ際には、問題となっている法律分野に上しい弁護士を利用するのが適切です。

法律分野は広いため、すべてに対応している方はあまりいません。

また、特定領域に絞って活動している方の方が、当該分野において深い知識を有しているため、その法律トラブルに関して仕事を依頼する際には適任といえます。

どの分野を専門的に扱っているのかは、法律事務所のホームページに掲載されています。複数の弁護士が所属する場合は、それぞれに得意分野があることがあります。その他、経歴などもチェックすることが可能です。

大阪で離婚後に離婚弁護士を訪れる

細かい条件を決定する事ができないまま離婚をしてしまったという人もおり、その場合には離婚後であったとしても、離婚弁護士を訪れる事ができます。

そのままにしていると離婚当初は問題なくても、ある時問題に直面するという事も考えられますので、離婚をしてしまった場合には、できるだけ早く離婚弁護士を訪れるのが好ましいでしょう。

離婚弁護士を通す事で、相手に会う事なく条件調整ができる場合が多いでしょう。今となっては遅いと思っている人も、早速相談できる離婚弁護士を見つけてみてはどうでしょうか。

離婚弁護士に相談する事によって、曖昧になっていた部分をしっかりと決める事ができるのではないかと思われます。

資格を取るのは狭き門の弁護士

数年前までであれば、弁護士として働いていれば多くの場合は高収入を得る事も夢ではないという様な状況であったようです。資格さえ取れればひとまず安泰の様に思っている人もいた様ですね。

しかし、世の中の状況というのは変化しています。現在ではその様に易しくない事もある様です。弁護士になっても仕事が見つけにくい事があったり、法科大学院の中でも廃止される事が決定している所があったりする様です。

現在ではすでに飽和状態にあり、これ以上増えてしまうと、状況は悪化するだろうと考えている人もいる様です。

資格を取るのは狭き門を通過する必要がありますが、更にその後も大変だという人もいる様です。

ありがちな内容の弁護士、法律事務所相談

顧客からあらゆる種類の相談を弁護士が受ける事も多いですが、その相談内容というのはいくつかのパターンに大きく分類する事ができる様です。

ありがちな相談内容であれば、過去の症例なども多いので、参考にできるかもしれませんね。

同じ弁護士でも必ず自分のケースもその様に解決できるかどうかは分かりませんが、ぜひその情報は集めたいですね。

必要な費用の相場や、解決の事例などはかなり役立つ情報となる事もあります。
オンラインで検索すると、自分でも情報が得られる場合もあります。浮気や離婚などの男女問題、借金問題、遺言や遺産、人探しなど、に分類する事ができます。

更に企業からの依頼であれば、取引先やクライアント、または社員などが関わってくる事もあります。

弁護士、法律事務所に支払う費用について

弁護士を利用する機会は、普通に生活をしている限りは、なかなかない機会と言えます。しかしながら、思わぬトラブルに巻き込まれてしまい弁護士に依頼するケースも多くないとされています。

そのような際に不安に思うのは、支払う費用についてだと思います。

支払う費用としては着手金というものがあります。文字通りその案件を進めていくにあたって、委任事務処理の対価として支払っていく費用になります。

一気に支払うことが難しい場合には、法律事務所によっては分割に応じてくれる場所もあります。又、案件が終了した際には成功の具合によって、支払う報酬が変わります。

大阪府で多重債務による過払い請求が強い法律事務所は

弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ 【HP】
https://www.kabaraikin.com/ 【過払い金ナビ】
https://www.shakkin.net/ 【債務整理ドットネット】
https://www.jikokaiketsu.com/ 【交通事故解決ドットコム】
https://www.bgata-kyufukin.com/ 【B型肝炎給付金ナビ】

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

弁護士の仕事について

弁護士は、法律事務所に勤めています。大きくて有名な法律事務所に在籍して、雇われる形で仕事をしている人もいれば、自身で独立して法律事務所を経営しながら、仕事をしている人もいます。主な仕事は、裁判をすることになった人を助ける仕事です。裁判と言っても、様々なものがあり、大きく分けると、刑事裁判、民事裁判があります。刑事裁判では、被告人の為に弁護をし、民事裁判では、依頼人の利益を守る為に仕事をします。民事裁判は、離婚や子供の親権、養育費、財産分与などが主な内容になっています。その他にも、会社の顧問弁護士をしたり、アスリートの代理人として契約交渉に立ち会ったりします。

弁護士という職業に求められるスキル

法律事務所に所属する弁護士は、法律事務所に寄せられた依頼を引き受けて、トラブル解決へと導きます。代理人として交渉や法的手続きを行うなどの法務を行う場合には、司法試験に合格しなければなりません。

そのため、まずは大学の法学部を目指すのが一般的です。弁護士として活躍するためには、法律に関する豊富な知識を持っているのはもちろんのこと、様々な状況に柔軟な対応ができるかどうかが問われます。また、交渉事を依頼人に有利な方向でまとめるためには、証拠を揃える粘り強さや気力、体力も必要です。依頼人の信頼を獲得することが早期解決に繋がることもあるため、コミュニケーション能力も重視する法律事務所もあります。

初めての弁護士、法律事務所選びは身近な知り合いを是非利用しよう。

個人的に法律事務所に弁護を依頼する場合、専門のサイトや公的なサービスから紹介を受けたりと様々な選択肢が有ります。初めての場合は、友人知人の紹介がベストです。何故なら相談案件により弁護士も得意不得意の分野が有り、抱えたトラブルに対して自身でほとんど資料を用意して臨まないといけないケースや、専門性に合致していれば話の進展が早く、相談者の負担が格段に軽減されるからです。

少ない回数の面談でポイントを的確に捉え解決までスムーズに進むか、取り次ぎ者を介して、何度も説明が必要かで精神的余力の具合が異なるからです。余力が出来れば、視野が広がり補足の要求や精度を上げたりと訴えに対して強固な地固めとなります。

弁護士を知っておく時代

弁護士は私たちの生活に馴染み深くはありませんが、いざとなった時に知っておくと良いと感じます。特に電車における、迷惑行為の嫌疑がかけられた際の対処方法です。最近では、逃げるが勝ちということで、冤罪であっても逃げてしまうケースがあります。

また、その際に電車の線路に降りてしまうことにより、別の罪に問われるケースもあります。このような、迷惑行為に対する嫌疑をかけられた場合に相談するのが1番良い方法ではありますが、なかなか身近にいないことが多くあります。いざとなってからでは遅いため、予め法律事務所や弁護士相談窓口などの連絡先を把握しておくと良いでしょう。

頼れる弁護士に関する記事

メニュー