悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

相続手続きの相談で多い遺産分割問題

相続手続きにおいて、最も多い相談内容は遺産分割に関するものであると言うことができます。すなわち、被相続人が死亡した後に、その遺産をどのように引き継ぐかをめぐって、相続人間の争いが起きがちであるということです。

ただ、遺産相続をめぐる争いをするなど、大金持ちの家庭だけのことではないかと思われている方も多いことでしょう。

でも、実際に遺産分割をめぐって争いが起きているのは、大金持ちの家庭というよりも、遺産金額が比較的少ないケースであると言えます。つまり、貧乏人のほうが、遺産をめぐる争いを起こしやすいのです。

相続税税務調査の判断について

相続税税務調査の時期をきちんと調べることによって、納税の手続きをスムーズに行うことが可能となります。

最近では、相続税税務調査の重要なポイントについて、多方面の情報誌などで度々取り上げられることがあるため、常に必要な情報を仕入れることがおすすめです。

税金の納税の仕方について、冷静な判断をしたい場合には、各地の実績のある税理士事務所に相談を持ち掛けることが良いでしょう。その他、空き時間を使いながら、最新の相続税税務調査のメリットやデメリットなどを厳しく見極めることが欠かせないテーマとして位置付けられています。

相続登記に必要な書類について

相続登記には一定の書類が必要になります。まず不動産の登記事項証明書、被相続人の住民票、戸籍謄本、遺産分割協議書などです。

具体的に相続手続きに何が必要かわからない場合には、弁護士や司法書士などの専門家に相談するとよいでしょう。

登記のことについては、司法書士に相談してみることをお勧めしますが、弁護士であっても問題ありません。大阪で探しているのなら、大阪で相続手続きについて扱っているこれらの専門家についてインターネットで検索すると、広告を含めていくつかの専門家がヒットします。いずれに相続手続きの相談をすべきかは個人の好みであるため、信頼できると思ったところに依頼しましょう。

相続手続きと申告の流れと方法

相続手続きは最大15もあり、9割は自分で行わなければいけません。相続手続きは死亡届の提出から相続税まで、下記の流れで行いますが、相続人が多い場合や養子問題など複雑な家系、また多額の相続があるケースでは、素人では処理が難しいので専門弁護士に依頼するとスムースに運びます。

死亡から1週間以内に行う手続き:死亡届の提出、火葬の許可申請
死亡から3ヶ月以内に行う手続き:遺言書の有無の確認、法定相続人の確認、相続財産の調査、遺産分割協議、相続放棄の有無の確認と有りの場合の相続放棄手続き
相続開始から4ヶ月以内の手続き:所得税の準確定申告
相続開始から10ヶ月以内の手続き:遺産分割協議書の作成、相続財産の名義変更、相続税の申告、
相続開始から1年以内に行う手続き:遺留分減殺請求
相続開始から3年以内の手続き:相続税軽減

一番知りたいのは相続税でしょう。住所地を所轄する税務署に、相続開始を知った日(被相続人の死亡日)の翌日から10ヶ月以内に行います。何もしなかったり過少の報告は、多額の加算税が徴収されます。

遺産相続手続きで司法書士に依頼する場合は

遺産相続手続きは、基本的に弁護士に依頼をすれば、解決してもらえますが、解決できないケースもあります。それは土地関係の相続手続きです。遺言書や土地の分与で、揉めている場合は司法書士に依頼をすれば、土地の難しい手続き等は全て司法書士が代理で行ってくれます。

相続額によっては、司法書士事務所でも取り扱いが出来ず、税理士を利用しないといけない場合がありますので、注意が必要です。しかし税理士を利用しないといけないほどの、相続人はなかなか居ないので、ほとんどの方が司法書士に依頼をすれば、解決してもらうことが出来ます。

二次相続を考えた相続手続きを行う

二次相続は相続した後に新たに発生する相続の事で、例えば父の相続後に母の相続をする場合などを指し、相続手続きでは二次相続まで考慮して行う事が大切です。二次相続では単純に相続人が一人減るだけでなく、配偶者の税額軽減が適用できませんし、小規模宅地等の特例の適用要件が厳しくなっているので、遺産の価額が多くなり相続税が掛かりやすい特徴があります。

つまり、一次相続では税額が少なく、二次相続で多額の税額を負担するケースを避ける為に、一次相続から税額を負担してでも全体の税額を抑えるような遺産分割手続きが必要となりますので、生前贈与や生命保険金などを活用して節税を図ると良いでしょう。

相続手続きに関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5