悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

相続税がかからない相続手続き

中には相続税がかかる対象となる遺産の相続手続きを行う事もあれば、相続税がかからない非課税財産の相続手続きもあります。相続税がかかる相続手続きと相続税がかからない相続手続きはややこしい場合がありますので、不明な場合は弁護士に尋ねたいですね。

預金や株などは納税対象になりますが、お墓を購入したりする際には、相続税がかからないそうです。他にも非課税財産に所属する物は多くありますので、相続手続きの際には誤って処理をする事がない様に注意しながら行いたいですね。

納税の必要がある場合には、金額が高額である事が予想されますので、トラブル防止という目的のためにも弁護士に仲介してもらった方が好ましいでしょう。

相続手続き、遺言書作成はたちばな総合法律事務所。

知っていますか、遺言書作成のメリット、相続手続き

最近は若い頃から「終活」を始められる方も少なくありません。人生の最後について考えたとき、遺言書作成をされる方もいらっしゃる事でしょう。では、遺言書を作成しておくとどのようなメリットがあるのでしょうか。

遺言書があれば、残された遺族が遺産について揉めることがなくなります。残された身内同士で揉めてしまうのはなんとも悲しいものです。また、相続手続きは予想以上に面倒なのですが、その面倒な手続きが遺言書があることによってスムーズに進められます。

遺言書は正しく作成しなければ効力がありませんので、せっかく作ったものがムダになってしまわない様に作成時には注意が必要です。

家族関係が不安な場合に解決策になる遺言書作成

自分の亡き後のことが気に掛かっている方、家族関係が複雑なケースもあれば、ご自身の遺産を相続人の中で争う恐れがある場合、遺言書作成で遺産の割り当てを指示しておくことをおすすめします。相続争いの厄介事を阻止に役立つでしょう。

遺言書作成で注意することは、自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類の方法があることです。自筆証書遺言とは、遺言書を書こうと考えている方が自筆で書きあらわす遺言書です。自分ひとりでいつでも記せるので、簡単で費用も生じませんが、民法で決められた様式にならって記載しませんと無効になる可能性があると思います。

それに対し、公正証書遺言は、公証役場で公証人に作成してもらう遺言書です。公証人の取り扱い手数料など料金が発生しますが、遺言書の作成に不備がないなどの長所があるわけです。

もめる相続手続きに調停をする話

通常の相続にあたっては相続人全員で遺産分割協議で遺産を分けて相続手続きを行います。しかし遺産分割協議がもめて相続人全員の合意が得られない場合家庭裁判所にあおぐ手続きの一つが調停です。

裁判官一人と調停委員二人相続手続きにおける客観的で妥当な相続分を割り出し指導してくれます。申し立てをすると家庭裁判所から相続の状況確認の為の照会書が全員に郵送されそれの回答を元に手続きを始めます。

委員がそれそれの相続人に話を聞いて一ヶ月に一度のペースで相続人それぞれを指導していく形になります。手続きを進めて相続人同士で合意ができたら合意手続きをして成立となります。

しかし不成立となったら自動的に審判手続きとなり大概法定相続分で審判が行われます。

代行で遺産相続手続きをしてもらおう

遺産相続手続きをするときには、代行で法律家に行ってもらったほうが楽に進めることができます。遺産相続手続きで最も面倒なのは、遺産に関する取り分を遺産分割協議書と言う書類にまとめなくてはいけないことです。

この書類は本人たちだけで作ることができるのですが、一般的にその書類に法律的な効果をふ化させるためには相続に関わる全ての人の同意が必要になります。仮に、その相続に関して既に権利を放棄している人が存在するのならば、その権利を放棄した人に関する規定も書いておく必要がありますので、どうして良いかわからないときには代行で手続きをしてもらったほうが良いのです。

遺産相続と相続手続きについて

人が亡くなった瞬間から、遺産相続についてどうするか、考えなければなりません。相続手続きはどのようなものがあるのでしょうか。 大前提として、故人の資産と負債を調べる必要があります。また、遺言書の有無も調べる必要があるでしょう。 その状況によって、相続手続きはいくつかに分けられます。

通常は遺言書に従うことになるでしょう。遺言書が無ければ、法定相続分に従うことでも、話し合いで決めても良いでしょう。但し、遺留分の権利を持つ相続人がいますから、注意してください。 いずれにせよ、資産と負債を両方相続することになります。この場合は、特に届け出は不要です。

負債が多ければ、相続放棄をすることになります。 また、特定の資産だけ相続したいという場合は、限定承認という方法もあります。 相続放棄と限定承認は、相続開始を知った後3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てる必要があります。限定承認は、相続人全員が共同して申し立てなければならないことにも注意が必要です。

相続手続きの注意点について

相続手続きを行う上での注意点は、相続の手続を放置したままにしないこと。放置したままだと期限がきれてしますkな王政があります。他の人の分を勝手に操作しない、勝手に財産の処理をしないこと。勝手に相続人になる事は出来ません。

相続人になる人は法律で定められています。一部の相続人たちだけで、遺産分の割協議をしないこと。簡単なことではありますが、基本になりますのでしっかりと身につけていきましょう。大阪や東京などの都道府県を中心にして、法律の専門機関を探す事が出来ます。県でも無料の相談窓口が設置されていますので、まずは相談してみましょう。

相続手続き には期限があります

大阪には、弁護士や司法書士も多く、相談出来るところがたくさんありますので、不安な事が出てきたら迷わずに相談する事が必要です。相続手続きには期限が限られていますので、悩んでいる間に時間切れにならないように心がけます。

相続放棄や、限定相続するなどの選択は、3か月以内に行わなければなりません。どうしてもその間に決められない場合には、期間延長の申請を、家庭裁判所に申し立てます。認められれば期間が延長できるので利用する事がいいと思います。期間伸長申し立てには、戸籍謄本や除籍謄本などの書類が必要になります。

いざという時の相続手続き、どこに相談するのか

突然の死は誰もが受け入れがたいものです。相続手続きの流れについて大まかにご説明します。まず相続すべき人が亡くなった後、遺言書の確認により遺言書の有無で相続人や相続分が変わり、次に法廷相続人が相続すべきか遺言書に書かれた人が相続するのかということになります。

次に相続遺産の目録を作成します。その後、遺産分割協議の合意か否かで調停、信販で解決し、民法の一定の取り決めにより遺産分割します。その後に順を追って相続税の計算をし、相続税の申告、納付手続きまでが全体の流れです。大阪にある相談所の中には年間600件以上の相談できるところもあります。土日、夜間サポートもありますので急なことでも対応してもらえます。

相続手続きに関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5