悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。

交通事故の相談

頼れる弁護士

近くに知り合いの弁護士がいない時にはどうするの?そんな時は弁護士会にご相談ください。市役所の法律相談でもOKです。

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

借金でどうしようもなくなることってあります。そんな時はまずは弁護士にご相談を。自治体や弁護士会で無料相談会をしています。

TOP > 遺言書作成 > 遺言書作成にあたる費用

遺言書作成にあたる費用

遺言書は、専門家に依頼しなくても自分で作成することが可能です。自筆証書遺言は専門家に依頼することで、保管から執行まで全て任せられるので、遺言を確実に実現することができます。ですが、依頼するとなると当然費用はかかります。

また、自筆証書遺言の場合、文案を専門家に作成してもらってから自分で書かなければならないので、注意が必要です。

最近では、書店で遺言書作成のキットなどが販売されています。このキットの内容に従えば、法律の条件を満たした遺言書を作成することができます。なるべく費用をかけたくないという方におすすめの方法です。

遺言書作成を実施していくタイミング

実施するタイミングによって、もしかしたら理想と違う部分が生まれてしまうかもしれません。作っていくからには、プラスとなる部分をしっかり作り出せるように、伝えられる部分を丁寧に作れるようにしたいものです。

年齢を感じるようになったら、将来のことを踏まえて考えていくようにしてください。

色々な要素を考えていくようにしないと、遺言書作成は難しくなっていきます。多くの人がタイミングを間違ってしまい、遅いタイミングで作っている傾向もあるのですが、その影響をある程度止められるようにしているのが弁護士の協力で、早めに作成できます。

相続手続きに関する記事

遺言書作成をするならルールに気を付けましょう

遺言書作成をするときには、法律で定められたルールに従って書いていく必要があります。ルールに沿っていない有ゴン書だった場合、せっかく書いた内容が無効になってしまいます。

細かなルールと言ってもとても簡単で、遺言書は全て自分で書くや、日付を記入すること、自筆でサインすることなどです。

簡単なルールばかりですが、抜けてしまうことが多い項目なので、注意が必要です。ルールに従って遺言書作成をすることが出来ているのかをチェックしたい場合は、弁護士を利用してください。

弁護士であれば、ルールに従ってかけているのかしっかりとチェックをしてくれます。

遺言書作成したら弁護士を利用してください

遺言書は、法律で様々なルールが定められています。ルールに従っていない場合はせっかく遺言書作成をしても、無効になってしまう可能性が高く、残された家族に迷惑が掛かる場合もあります。

ルールと言ってもとても簡単な事ばかりなので、少し勉強をすればクリアすることが出来るルールばかりです。

しかし、せっかく書いたのだから無効にはしたくないという方におすすめなのが弁護士です。

弁護士に依頼をすると、法律で定められているルールに従ってかけているのか、抜けがないのかなどをチェックしてくれます。伝わりやすい書き方なども教えてくれるので遺言書作成したら弁護士を利用してください。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

メニュー