悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

司法書士

司法書士は登記などを専門に行ないます。そのため、一般の人が関わることは少なく、司法書士になじみがない人も多いでしょう。

借金問題や不動産の登記など私たちの生活に直結しているものもたくさんあります。

現在の社会においては司法書士という仕事はたくさんの人が必要とされている仕事です。しかし、この仕事がいつから始まったか知っていますか。実は明治時代にスタートしています。当時は司法書士という名前ではなく、代書屋と言われていました。

これは司法書士が行っている仕事の内容に深く関係しています。司法書士の仕事の中には、裁判所などに提出書類を依頼者に代わって作成する事からその名前で呼ばれる様になったのでしょう。第二次世界大戦が始まる前に司法書士という名前になりました。

社会はより高度になり、経済は複雑化しています。その様な社会においては、司法書士が活躍する場面は増える事でしょう。

司法書士会の紹介する司法書士

いい法律家の知人や友人がいなくても、大阪などの司法書士会に連絡を取って、法律家を紹介してもらうという事もできます。

自分で探して、ホームページで見つけた法律家を選ぶと、どんな人であるかという事はわかりません。

知らない間に悪質な法律家にお願いしていた、なんて事も可能性として考えられます。

大阪司法書士会を通して紹介してもらう場合には、法律に触れる様な非常に悪質な法律家は避けられる場合が多いでしょう。

悪質なサービスを行っている場合には、指導が行き届いたりする事もある様です。

問題解決を依頼する事もありますので、法律家は顧客が納得できる様な、きちんとしたサービスを行ってくれる人を選択したいですね。

年収が高く、女性が増えてきた司法書士について

司法書士とは、登記、供託などの代理手続きや、裁判所・検察庁・法務局に提出するための書類の作成を仕事にしている人のことです。

司法書士は国家資格であり、法務省が実施する国家試験に合格することでなれます。年収は、比較的高い職業です。

年収が数千万の司法書士もたくさんいるので、魅力的な職業の一つです。女性の司法書士も近年増えています。そのため、女性が相談しやすい環境が整ってきています。

住宅ローンに関することや、離婚に関するカウンセリングを行っているところもあるので、非常に相談しやすい環境になってきています。

法律家のプロ、司法書士や弁護士に相談

司法書士や弁護士というと、硬いイメージをお持ちではないでしょうか。それが影響してか、なにか遠い存在に感じるかもしれません。

こうした法律の専門家に依頼するということは、トラブルなどのネガティブな要因だけではありません。たとえば、司法書士ならば、会社や不動産の登記のように、人生のなかでの喜ばしい要因であるかもしれません。

弁護士にも同じことがいえるでしょう。相続というと悲しい一面もありますが、先立つ人があと残された人を照らし出す光になるかもしれません。その行為は置き換えれば愛と言ってもいいかもしれません。

何か思い当るところがあれば、法律家のプロにまずは相談してみましょう。

司法書士の代理権について知っておこう

司法書士に借金相談をするなら、代理権について知っておきましょう。認定を受けた司法書士なら、140万円以下の借金や過払い金について、代理人となって交渉ができます。簡易裁判所での裁判でも、代理人となってもらえます。

逆に、140万円を超える借金については、弁護士でないと代理人になって交渉をすることができません。また、自己破産や個人再生は地方裁判所で行われますので、弁護士でないと代理人になれません。 司法書士に借金相談をするだけならば問題はありませんし、自己破産の書類の作成をお願いすることもできますが、代理権については気をつけておきましょう。

メディアで紹介された大阪の司法書士

中にはメディアなどで紹介された事がある大阪の司法書士もあります。全く知らない大阪の司法書士に相談するよりも、メディアなどで紹介された大阪の司法書士に相談する方がより親しみを感じる事もあるでしょう。

大阪の司法書士の中には自社サイトの中でメディア掲載について紹介している事もあります。しかし、メディア掲載されている大阪の司法書士は、多くの人に知られていますので、相談がたくさん入っている事もあります。そのため、実際に対応していただけるまでに時間が必要となる事もあります。着手していただけるまでに、かなり時間がかかりそうであれば、別の法律家に相談する事を検討する人もいる様です。

大阪で探す大手の司法書士事務所

全国に司法書士事務所はありますが、大阪の人であればできるだけ大阪で司法書士事務所を探すと便利な事もあります。また、大阪に事務所があり、そこで活動を行っている司法書士というばかりではなくて、できるだけ大手の事務所がいい場合もあるでしょう。

大阪で大手の司法書士事務所を見つける事ができれば、早速簡単な相談を電話やメールで行ってみましょう。大阪にある大手の司法書士事務所に相談すると、対応してもらえるかどうかという返事が来るでしょう。対応していただける場合には、相談に向けて準備をする必要があります。依頼に関するさらに詳しい事に関しては、事務所のスタッフがから説明を受ける事でしょう。

司法書士ってなにをしてくれるの?

司法書士という単語は知っていても、具体的に一体どういう仕事をしている機会はあまり多くはないかもしれません。主な仕事としては登記業務というものがあり、土地や建物を購入する際にお世話になることとなります。

これは元の持ち主から土地や建物の所有権を買い手に移す必要性がありますが、その手続きを代わりに行ってくれるというのが司法書士です。他にも債務整理として自己破産の相談なども業務としては可能となっています。大阪にもそのような事務所などがたくさんあるので、債務整理を検討されている方は検索してみてはいかがでしょうか。

司法書士の主な仕事は

司法書士は、大阪に事務所が多くあります。主な仕事は、登記業務です。登記業務とは、会社を設立したときや、家を建てたときに必要な書類です。これを素人がしようとすると、とても複雑で大変なので、司法書士が代理ですべて行ってくれます。

他にも、裁判を行う場合もあります。弁護士とは、異なるので訴訟金額に上限を設けられていますが、140万円以下の裁判であれば、訴訟を起こすことも出来ますし、弁護士と同じ仕事を行うことが出来ます。報酬金額もしっかりと明確にわかっているので、依頼しやすくなっていますし、無料相談なども行っています。

登記業務依頼なら司法書士

大阪で土地や建物を売買するときには、売主から買主への所有権移転の登記手続きを代行することができる司法書士にお任せください。また社設立の際法人登記が必要になりますし会社の重要事項が変更されたとき、登記に反映させなければならず、その手続きの代行を行うのも司法書士になります。

さらに研修を受けたものなら簡易裁判で審理される140万円以下の法律事件の解決を行うことができます。遺言書や相続関係の書類、協議離婚の際の離婚協議書のほか、内容証明書や契約書の作成なども行いますので、行政書士の仕事とも重複することにもなります。

司法書士 に仕事を依頼する場合

大阪 で司法書士を探したい場合には、大阪司法書士会に所属している方であれば、条件を入力して検索する事が出来ます。個人であれば、相続や債務整理、遺言や相続についてなど、また不動産の登記に関してや自己破産についてなどの相談などです。

また、会社に関しては、会社法人の設立、会社の資本金の変更、会社法人役員の変更などがあります。家庭裁判所に提出する書類の作成を依頼する事も出来ます。筆界特別制度を利用した、土地の境界の決定などについても相談も依頼できます。筆界特定とは、新たに境界を決める事ではありません。もともとあった境界を明らかにすることです。

大阪司法書士会について

大阪司法書士会を紹介するにあたって、まず簡単に仕事内容について説明します。主に不動産の登記や会社の登記などの登記業務や、法務、相続、債務における書類の作成、簡易裁判所で扱われる140万円以下の法律事件の解決を行っています。

そのほかにも成年後見や女性と子供のための専門相談を行っているので、私たちの生活と意外にも密着した側面を持ちます。大阪司法書士会では総務部、財務部などの各種の業務部と消費者対策委員会、法教育推進委員会などの各種の委員会からなり、様々な相談を受け付けています。市民の窓口もあるため、どこの部や委員会に相談すればいいか分からないときには利用すると便利です。

過払いと司法書士に関する記事