悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

B型肝炎訴訟の給付金は非課税

B型肝炎訴訟の給付金は、死亡・肝ガン・重度の肝硬変の3,600万円から無症候キャリアの50万円まで、症状によって金額は様々です。給付金は全て非課税で、感染者の遺族においても財産には当たらず非課税扱いとなります。

この制度は期間限定の救済措置で、平成29年1月12日までに国に対して訴訟を起こす形で申請手続きをします。持続感染者であることを証明するために6ヶ月の間を空けて2回の検査が必要ですので、早めに申請しなければいけません。

揃える書類がたくさんあり、弁護士を立てて申請しますが、その費用も上乗せされます。

B型肝炎給付金請求に向けて

これからB型肝炎給付金請求をしたいと考えている場合にはどうすればいいのでしょうか。B型肝炎給付金請求というのは裁判をしないといけませんので、弁護士を頼る場合とすべて自分で行う場合を比較すると、かなり大変さが違ってくるという事が予想されます。

B型肝炎給付金請求に向けて、多くの人が弁護士を頼っています。B型肝炎給付金請求に向けては、弁護士探しをするという事が、まずすべき事として考えられます。共にB型肝炎給付金請求を行うパートナーとなりますので、重要な役割を果たす事になるでしょう。後は、弁護士と話をしながら進める事ができますので、依頼を終える事ができれば、肩の荷が下りると感じている人もいる様です。

B型肝炎給付金が受け取れるウイルス感染者

平成24年に、特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法が制定されました。これは、昭和23年から昭和63年に集団予防接種を受けた方で、注射器の連続した使用が原因でB型肝炎ウイルスに感染した方に対してB型肝炎給付金を支給するということを記した法律になります。

B型肝炎給付金の支給対象者は、上記期間の予防接種が原因でB型肝炎に感染した方、および、その方から母子感染した方となります。死亡、肝がんや肝硬変などその人の病態により支給額は異なり、50万円から最大3600万円までの支払い額となっています。

B型肝炎訴訟・給付金の請求は弁護士に依頼しないとできないの?

結論から言えば、B型肝炎訴訟は自らの手で提起する事も可能です。但し国の責任による感染であると判断される為の資料の準備や、訴訟全般に掛かる手続きも全て自らが瑕疵無く行う必要性が生じます。各所に出向く必要も生じますし、中には一般的な知識だけでは作成が困難な書類も存在します。

B型肝炎訴訟の場合、弁護士費用に関しては一部が国から補助される事になっています。自ら訴訟提起をすれば依頼費が無くなるので給付金の手取りが高くなりますが、この補助がある為に差額は小さくなっています。基本的にはスムースな手続きを行う為にも、弁護士への依頼を行った方が良いとは言えます。

B型肝炎給付金を受けるために

予防接種法等の法律に基づいて、過去に幼少期に集団予防接種を強制させられてきたという経緯を持つ方が多くいることでしょう。注射器の使いまわしがおこなわれて、B型肝炎ウイルスに感染してしまった方がたくさんいるのです。

将来の発症の不安や、慢性肝炎などの病気に苦しむ方のために、国から支払われる損害賠償金のことをB型肝炎給付金と言い表されています。感染している事実証拠などを揃え、定められた訴訟手続きを行うことで、病状ごとに決められた金額を受け取ることができます。患者全員に給付金が支払われる制度ではなく、注意が必要です。

B型肝炎訴訟による救済措置

B型肝炎訴訟による和解によって、これまでおこなわれてきた集団予防接種が原因となるB型肝炎ウイルスについては、感染した被害者に給付金が支給される救済措置がとられています。

自分が対象に入るのかどうか知りたい時など、弁護士へ相談することで疑問や悩みが解決できるケースも見受けられます。訴訟について詳しく知りたいという場合においても、情報として入手しやすくなる他、インターネットを活用することで詳細を調べることも可能です。

全国に関連の弁護団が存在するなど、困った時に頼りになる存在でもあり、正しい手続きを行うためには利用したいものです。

B型肝炎訴訟に関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5