悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

消費者金融への過払いは司法書士か弁護士か

消費者金融からお金を借りて完済したあとでも、過払い金があった場合返還請求することができます。過払い金はグレーゾーン金利と呼ばれる払いすぎた利息です。過払いした利息の返金は10年で時効となります。

それを過ぎると返還請求ができなくなりますので注意が必要です。返還金が140万を超えた場合は弁護士にしか依頼できませんが、140万以下の場合は司法書士にも依頼できます。

裁判は簡易裁判所及び地方裁判所で行われますが、その違いは金額の大きさです。140万以下の場合、裁判は簡易裁判所で行われますが、返還請求をスムーズに進めるため債務者の代理人が弁護士と限定されている地方裁判所で裁判をするほうが有利です。

したがって弁護士に依頼したほうが得策と言えるでしょう。

少額の過払いなら司法書士へ

借金の返済に困っている分けでもなく、完済しており後は過払いだけを何とかしたいという事もあるでしょう。そして、金額が少ないという場合であれば、わざわざ弁護士に相談する必要もなく、司法書士でも対応できる事もある様です。

少額の過払いなら司法書士に相談するのもアリだと思いますので、選択肢に加えて考えるのもいいでしょう。少額と言えば曖昧な表現になりますが、過払いなど金銭に関する問題で司法書士が対応できるのは、140万円とはっきり決まっています。過払いを司法書士に相談するかどうかという事は、このボーダーを超えるかどうかという事によります。少額の過払いなら司法書士に相談して、さっと解決してしまいましょう。

司法書士の過払い金の原則について

過払い金の返還請求を速やかに行う上で、腕の良い司法書士に対応をお願いすることが何よりも重要です。 特に、過払い金の原則に関しては、素人が判断しにくいところが多いため、実績のある司法書士の事務所に問い合わせをすることで、おおよその相談内容や報酬額の相場などをチェックすることが良いでしょう。

一般的に、司法書士の対応事例については、大手の法律事務所のウェブサイトなどで分かりやすく紹介が行われることがあります。 そのため、初心者であっても、短期間のうちに魅力的な依頼先を見つけることができるといわれています。

過払い請求のデメリット

過払い請求のデメリットが気になり、請求に踏み出せない方が多くいます。完済してからの過払い請求は影響がありませんが、返済中での請求は、引き直し計算というものを行い、計算後に借金が残る場合は債務整理という扱いになります。

その場合はブラックリストと呼ばれる信用情報に影響があります。そして返済中のカードは自動的に解約処理されるので、使用出来なくなります。デメリットを踏まえたうえで請求するということが大切です。完済後は影響はありませんが、返済中で借金が残った場合は他社のカードへの影響も出てくるので気をつけましょう。

過払い請求をするメリット

過払い請求のCMを最近では驚くほどよく耳にします。なぜあんなにCMがされているのかというと、やはりそれだけの効果があるためです。過払い請求をする最大のメリットはなんといっても「まとまったお金が返済される」ということです。

既に借金を完済していた人にとっては「もう戻ってこない」と思っていたお金が戻ってくることになりますので、予想外の臨時金になります。またまだ他の金融会社に支払いがある人にはそちらの返済にあてることもできますので、とても助かりますよね。一度でも借金を返済したことがある人は無料で診断してもらうこともできますので、確認してみることに損はないですよ。

司法書士に依頼する過払い金請求

昨今において弁護士の仕事が多忙を極め、多くの業務があることが原因として挙げられていました。その解決法として認定を受けた司法書士であれば、140万円以下の借金相談が行えるようになりました。

そのような資格を持つ司法書士において、過払い金の請求を依頼できるようになっています。弁護士に比べると制約はありますが、費用は随分と安くなりますので、手軽に利用できることがメリットとしてあげることができます。しかしながら、140万円を超えてしまった場合においては、弁護士に依頼することです。双方のメリットデメリットをきちんと踏まえた上で依頼を行いましょう。

過払いと司法書士に関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5