悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

B型肝炎の訴訟費用とその意味について

B型肝炎における訴訟費用としましては、弁護士法人に依頼した場合におきましても基本的に相談料や調査費用を無料としていることが多いとされております。

その意味としましては、実費である印紙代や切手代を用意すれば手続きを進めていき、B型肝炎訴訟に対する成功報酬として、実質4パーセント程度を設定しているところが多いとされております。

給付金を受け取るまでの流れとしましては、必要書類をそろえて国に対してB型肝炎訴訟を提起します。その後和解手続となりますので、成立後に和解調書が作成されて、給付金の受給となります。

訴訟を行う為のB型肝炎の検査費用について

幼少期に受けた集団予防接種等が原因でB型肝炎ウイルスに感染した方は、5年以内に請求すれば国から給付金が受け取れるようになっています。この請求を行う為にはB型肝炎ウィルスに持続的に感染している事を証明しなくてはいけません。

給付の対象となる方の認定は裁判所で行い、救済要件に合致するかどうかなどを証拠に基いて確認して行く、国家賠償請求訴訟を提起して、国との間で和解等を行って行く事になり、B型肝炎の検査を受けて検査結果と共に必要書類を揃えて訴訟を行い、和解交渉をして解決が出来れば給付金が支払われます。訴訟の為に行った検査の検査費用は裁判結果によって負担して貰う事が出来ます。

B型肝炎訴訟にまつわる症状別の給付金額

B型肝炎訴訟と言えば、B型肝炎ウイルスに感染した人によって、国が損害賠償をする事象のことを指します。これには、当時の集団予防接種が行われた頃にさかのぼり、注射器の使いまわしによって感染が広まった経緯がありました。

B型肝炎訴訟に相関した症状には、さまざまな分類があります。単純に病状が重いほど支給される金額が多く設定されており、肝臓がん・重度の肝硬変を患った場合には、最大3600万円もの支給額が発生します。ただし、発症より20年もの間請求されないままでいると、支給額が10分の1以下になるおそれがあります。そのため、なるべく早い時期で弁護士に相談を持ち掛けることが必要になってきます。

B型肝炎訴訟と診断書などの必要なものについて

B型肝炎は、昭和23年から昭和63年までの間に受けた集団予防接種によって発症した人がほとんどであり、国に対してB型肝炎訴訟が行われて、平成23年6月に国と原告の間で和解され、多くの人が給付金を受けることができるようになりました。

B型肝炎訴訟での和解金を受け取るには、証拠資料としての診断書・意見書を用意する必要があります。

検査の費用や、弁護士などに対する報酬などの費用は、B型肝炎が生じたと国が認めた後に、給付金に加えて訴訟手当金を受け取ることが可能ですが、診断書の費用などは請求できないため、医療機関などに問い合わせて費用の確認をする必要があります。

B型肝炎訴訟給付金の請求期限が延長されました

B型肝炎訴訟は「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」と呼ばれる法律にのっとって手続きが行われますが、この法律ができた当時は2017(平成29)年1月12日までが給付金の請求期限とされていました。

しかし、2016(平成28)年に入り、国会に前述の特別措置法の改正案が提出され、B型肝炎訴訟の給付金の請求期間を延長すべきかどうかについて議論が行われました。結果、法案は国会で成立し、請求期限が延長されることがきまりました。

新たに設定されたB型肝炎訴訟の給付金の請求期限は、2022(平成34)年1月12日までとなります。ただし、請求期限がきた時点で訴訟手続の最中だった場合は、判決確定日もしくは和解・調停が成立した日から1ヵ月間が請求可能な期間となります。

B型肝炎訴訟、提訴してから和解までにかかる期間は?

B型肝炎訴訟の提訴から和解までの期間は、相談から和解までにおよそ半年から1年掛かっている状況を踏まえて判断すると、一般的にはそれよりも短いと考えられます。しかし、証拠集めが困難な事例や、追加の資料を国から求められたような場合には、再審査の期間が必要となります。

そうなると、さらに半年程度の期間が上乗せされると考えられるため、個人の状況にもよりますが、大体1年前後を目安にすると良いのではないでしょうか。そこで、B型肝炎訴訟をスムーズに和解に持ち込みたいと考えるのであれば、出来るだけ手慣れている専門家に相談するのがベストでしょう。

B型肝炎訴訟で和解が困難になることはある?

B型肝炎訴訟では、被害を立証できる書類がそろっていれば和解となります。書類がそろえられるかどうかが肝心であり、書類をそろえることなしに訴訟をした場合は、和解が困難になることもあります。

必要書類をそろえるのが容易である場合は、個人でB型肝炎訴訟をすることも可能ですが、書類をそろえるのが難しいケースの場合は、弁護士に頼ったほうが無難です。何十年も前のことを証明する書類となりますので、そろえるのは並大抵のことではありません。B型肝炎訴訟を扱うことが多い弁護士事務所に依頼すると、スムーズに進む可能性が高いです。

慢性肝炎の症状で貰えるB型肝炎給付金はどのくらい?

B型肝炎はB型肝炎ウイルスの感染によって引き起こされる肝臓の病気です。幼少期のときの集団予防接種等の注射針の使いまわしによって感染した人に国がその責任を認め給付金を支払うのが、B型肝炎給付金です。

B型肝炎給付金を受け取るには面倒でもB型肝炎訴訟をしなければなりません。なぜそんなに手間がかかるのかと言う分けは、本当に集団予防接種等で感染したのかを裁判で審議するためです。その訴えが通って初めて給付金を貰うことができます。和解までの期間は1年くらいかかりますが、その給付金はB型肝炎給付金の慢性肝炎ですと1250万円受け取ることができます。

検査費用も支給しているB型肝炎訴訟

B型肝炎訴訟をおこす際は、実際感染されているかを確認するために検査を受ける必要があり、一般的に血液検査や、超音波の検査を受けることになります。

B型ウィルス感染の検査ができる機関として、病院や保健所があり、会社でうける定期検査でも可能ですが、血液検査の項目にない場合が多いです。この検査費用についても、和解が成立したあと訴訟手当金として支払われることになり、支払い基金に給付金とともに、請求する形になります。

他にもキャリアや肝炎といった病状を確認するための検査や、母子感染以外の父親感染の場合も、持続感染者であるかを確認するための検査が必要です。

B型肝炎訴訟に関する記事

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5