悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

交通事故慰謝料相談

普段は他人事だと思ってしまうかもしれませんが、交通事故というのは、いつ発生するか分かりません。自分は大丈夫だとも言い切れないでしょう。

外出している時などには、巻き込まれてしまうという可能性も考えられます。

そして、交通事故が発生するといろんな問題がありますが、その中でも慰謝料について加害者と被害者が揉める事が多い様です。

もし、提示された交通事故慰謝料に納得できないなら弁護士の所に行って、妥当な金額になる様にしたいですね。金額が大きくなる事もありますので、できるだけトラブルを避けるためにも弁護士に仲介してもらうといいでしょう。

また、普段から安全を心掛ける事は言うまでもなく大事です。

交通事故慰謝料の算出方法について

交通事故慰謝料の算出の方法に関しては、ある程度の知識や経験が必要となることがあるため、各方面の専門家のアドバイスを積極的に聞き入れることが良いでしょう。中でも、悪質性の高い交通事故の被害者の対応については、重要なポイントとして扱われることがありますが、警察や保険会社などに相談をしつつ、冷静な破談をすることが望ましいといえます。

交通事故慰謝料の相場についてわからないことがある場合には、各保険会社の問い合わせ窓口を利用することによって、短期間のうちに便利な情報をキャッチすることが出来るといわれています。

遺族が請求できる交通事故慰謝料の性質

交通事故で被害者が亡くなった場合、遺族は加害者に対して交通事故慰謝料を請求することができます。

この交通事故慰謝料には、二つあります。一つが、亡くなった被害者の者です。被害者自身は不法行為責任を相手方に請求することができますが、すでに亡くなっているので、それを相続する形になります。

もう一つが、遺族固有の慰謝料請求権です。こちらは、相続するものではなく固有のもので、民法の条文上、被害者が亡くなった場合に特別に認められています。これら両者を請求可能ですが、請求するときは合算して請求することになります。

示談成立を円滑に行いたいならプロに交通事故慰謝料相談を

弁護士に交通事故慰謝料相談をした方が円滑に示談成立が望めます。いわゆる事故の被害者と加害者がハッキリとしていない場合の交通事故だと、双方が自分の主張を繰り返してしまうため、永遠と交渉が続いてしまいます。

交通事故慰謝料相談を身近な弁護士に持ちかけ、事故に関わる人々の間に加わってもらえば、双方が冷静な形で意見を交換出来ます。その当時の状況を客観的な第三者の目で分析してもらえば、事故の原因が浮かび上がります。

また原因がおおよそ分かれば、互いの過失もわかりますし、被害がしっかりとわかれば交通事故慰謝料などの示談成立が短期間で済む事になります。

交通事故慰謝料に税金はかかるのか

交通事故にあって相手から慰謝料を受け取る、交通事故慰謝料は所得として確定申告や必要かみなさん知っていますか。結論は、交通事故慰謝料は税金の対象にはなりません。これは、交通事故にあわなければ受け取ることのないお金だからです。

ほかにも、治療費や慰謝料以外に休業損害や社会通念上妥当な見舞金も所得税として課税されず非課税になるのです。ただし、交通死亡事故の場合は慰謝料を受け取る予定の本人がいないため遺族である法廷相続人が相続することになるからです。相続税として課税対象になりますので、覚えておきましょう。

死亡をともなう交通事故慰謝料について

死亡時の交通事故慰謝料は本人に対する慰謝料350万円のほかに遺族への慰謝料があります。 被害者の両親と配偶者や子供が請求権者です。

遺族への慰謝料の額は請求権者の数により異なり、1人では550万円、2人では650万円、3人以上は750万円となります。 被害者に扶養家族がいるときは場合は金額に200万円が上乗せできます。

遺族に対する慰謝料の上限額は950万円となり、これに本人への慰謝料と合わせると、1,300万円が自賠責保険における慰謝料基準の最高額となります。 交通事故慰謝料で金額の多くを占める重要な金額を出すものを、本来事故がなければ得たであろう収入等を出した金額の事を逸失利益といいます (被害者の年間収入-被害者の年間生活費)×死亡時点の年齢から就労可能年数のライプニッツ係数 でその金額を出していきます

交通事故慰謝料に納得できない場合の対処法とその事例について

交通事故慰謝料を請求時、話し合いが纏まったとしましても金額に納得いか無い時があります。そんな時には裁判をする事によって、納得できない事が解決できる場合があります。しかしながら裁判となりますと金額的にも大きな負担となってしまう場合があります。

交通事故慰謝料で納得いかない場合におきましては、再度相手との話し合いの場を設け、納得できない部分につきましてきちんと、相手に説明を行い理解してもらう事が非常に重要となってきて、非常に大切であります。当然の如くこの時には必ず弁護士立ち会いの基行う必要があります。立ち会いが無ければ結局のところ相手との交渉が、うまく行かずに争いごとになってしまう可能性が高くなってしまいます。

納得いかない人は多くの場合は、相手が悪いのに自分だけ怪我をしてしまい、挙句の果てにこちら側が一方的に悪い立場になってしまったりしてしまう場合が多いです。その他にも車の破損状況が、かなり損傷しているのにも関わらず慰謝料の金額が少なかったりしている事例があります。交通事故を起こしてしまった場合につきましては、早急に弁護士に相談をするとともに、相手との示談交渉を早期に行う事が大切になってきます。

事例を基にした自賠責保険と交通事故慰謝料との関係性

自賠責保険は、交通事故の被害者が最低限の補償を受けられるように国で制定した保険制度です。全ての車両に契約が義務付けられているので、強制保険としても知られています。 交通事故の被害者は、身体的なケガで入院や通院をするのに加えて精神的にも大きなダメージを受けてしまいます。この、精神的なダメージに対して請求できる賠償金が交通事故慰謝料です。

慰謝料には、精神的な苦痛という特質から実費が基本の治療費などとは異なり、個人差という問題が生じて尺度化しにくいという特徴があります。そのため、交通事故ごとの格差を少なくするために交通事故慰謝料には算定基準が設定されています。

自賠責保険の慰謝料基準では、交通事故によるケガの治療期間と実際に治療のために通院した日数の2倍のいずれか短い日数分の慰謝料が支払われるルールになっています。例えば治療期間が100日の事例では、実際に通院した日数が45日であれば45日の2倍の90日と治療期間の100日を比べて短い日数の90日分の慰謝料を、通院日数が51日であれば51日の2倍の102日と治療期間の100日を比べて短い日数の100日分の慰謝料を請求することができる仕組みになっています。

交通事故の相談に関する記事