悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の司法書士など法律事務所に交通事故相談

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。司法書士、弁護士などの法律家に交通事故などを相談

交通事故の相談

頼れる弁護士

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

TOP > 弁護士とは

目次

弁護士とは

弁護士の仕事は多種にわたり、法廷に立っているだけが仕事ではなく、様々な分野で活躍しております。

家庭内の問題や交通事故での裁判なども行うため、法律事務所によっては、ある一定の内容に特化した法律事務所などもあります。

相談を検討しているのであれば、まずはインターネットなどで、法律事務所の特色などをチェックしてはいかがでしょうか?

また、法人についても、相談や手続きの依頼が可能です。
私たちが生活していくなかで、今後更に弁護士と親密に関わってくる可能性は高いのではないでしょうか?

大阪弁護士会所属弁護士法人みお綜合法律事務所。企業法務から交通事故、相続、債務整理まで!

犯罪の相談は弁護士、法律事務所へ

警察が仲介する様な刑事事件に自分が巻き込まれてしまったなどという場合で納得できない場合には、すぐさま弁護士に相談したいですね。

犯人に対して抵抗した時には正当防衛であると認めてもらえるかどうか、という事もあります。認めてもらえない時には、弁護士に相談して裁判をするなど具体的に対処していく事もあります。また、自分は犯人ではないのに、逮捕されてしまったなどという場合にも相談したいですね。

不条理な事に対して不満を抱いている場合には、しっかりと対処する様にしたいですね。

警察は事件が発生している瞬間を見ている分けではありませんので、相手側が自分の都合がいい様に事実とは異なる事を言って話を進める可能性もあるでしょう。

弁護士への借金相談で過払いの基準を知る

弁護士に借金相談するメリットは、きちんと正確な情報を専門家から得ることができる点です。

過払いについても、ネットで様々な情報を見ることができますが、不正確な情報が蔓延しています。

そのため、それに惑わされてしまう恐れがあります。過払いの基準などは、きちんと弁護士などの専門家から得るべきなのです。

弁護士は借金相談を受けた際に、債務者ごとの状況をみて、的確なアドバイスをすることができます。

また、必要とあらば弁護士が代理人となって交渉をしたり裁判をしたりしてくれます。その結果、自分一人では解決できないことが、解決できるようになります。

大阪府で多重債務による過払い請求が強い法律事務所は

弁護士法人みお綜合法律事務所大阪、京都、神戸

大阪事務所
〒530-8501 大阪府大阪市北区梅田3丁目1番3号
ノースゲートビル オフィスタワー14階
JR大阪駅すぐ。
TEL:06-6348-3055

https://www.miolaw.jp/ 【HP】
https://www.kabaraikin.com/ 【過払い金ナビ】
https://www.shakkin.net/ 【債務整理ドットネット】
https://www.jikokaiketsu.com/ 【交通事故解決ドットコム】
https://www.bgata-kyufukin.com/ 【B型肝炎給付金ナビ】

京都事務所
〒600-8216 京都府京都市下京区烏丸七条下ル東塩小路町735-1
京阪京都ビル4階
JR「京都」駅「烏丸中央口」から烏丸通を北(ヨドバシカメラ・烏丸七条方面)へ約250m
TEL:075-353-9901

神戸支店
〒651-0086 兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目3番10号 
井門三宮ビル10階
JR三宮駅、阪急三宮駅徒歩4分
TEL:078-242-3041

頼れる弁護士に関する記事

弁護士との借金相談の契約

近年、様々なメディアで目にすることが多い過払いと言葉は、徐々に収束していっています。実際にはお金が戻ってくるかもしれない対象者であるにも関わらず、よく方法がわからない方が非常に多いのも事実です。そこでまずは借金相談を弁護士にしましょう。

借金相談の中で、弁護士がお金が戻ってくるかもしれないと伝えてくると思います。過払い金は、借金の期間が長ければ長いほど利息が付き、戻ってくるお金もかなりの額になるはずです。

弁護士と契約をすると、手数料が発生しますが、戻ってくるお金で賄えますので、おもいきって相談してみましょう。

弁護士に年収について相談をする

現在での年収では不満があるが、不当に会社で働いてしまうと、労働基準法違反になってしまうことが心配の方はいらっしゃるのではないでしょうか。

労働基準法違反にならずに、どうやって年収を増やすのかを弁護士に相談したい、という方はいらっしゃいませんか。

実は弁護士だけではなく、こうしたステップアップに対する取り組みは色々なところで議論されています。まずは仕事に役立ちそうな資格をとることや、副業を始めてみたり、独立・起業を考えてみる等様々な方法が有ります。

ちなみに、労働に関する法律についてであれば弁護士が相談を受け付けています。

大阪で職場問題相談の際必要になってくるものとは

大阪で職場問題相談の際必要になってくるものは、労働契約書などになりますが、ケースバイケースで必要なものは変わってくるので、電話やメールで相談をした時に聞いておきましょう。

職場問題相談とはいっても、パワハラ、セクハラ、嫌がらせなどのトラブルや、残業代未払いのトラブルなど、多岐にわたります。

パワハラやセクハラならば、それを証明するものもあったほうがスムーズです。具体的には、ボイスレコーダーの録音などです。

残業代未払いや、解雇、雇い止めのトラブルでは、労働契約書などの書類が必要になるでしょう。 労働問題では、弁護士に相談をするという方法の他に、労働基準監督署に相談をするという方法もあります。

労働基準監督署は企業にとっての警察のようなものであり、明確な労働法違反がある場合には動いてくれますが、明確な違反がない場合には、やはり弁護士の力を借りる必要があるでしょう。

法律事務所を選ぶ時は、労働問題を解決してきた実績が豊富な弁護士が在籍している事務所を選びましょう。法テラスの無料相談を利用するという手もあります。

法テラスでは3回まで専門化が無料で相談を受けてくれるので、3回の相談の中で信頼できる専門家を見つけられる可能性は高いです。

弁護士、法律事務所で解決

弁護士は法務に関わる業務を行っています。

法務と言っても政治、ビジネス、家庭問題、金銭トラブルなど幅広く扱っているので大抵の問題は弁護士が解決してくれることでしょう。

普段生活していう上で裁判に関わることは少ないですが、裁判の時も弁護士は心強い味方となってくれます。

弁護士と聞くと社会的地位が高く、敷居が高くて相談しずらい…と思う方もいるかもしれませんが、弁護士は誰に対しても分け隔てなく平等に接してくれますので、困ったことがあれば弁護士に相談してみましょう。

無料相談を行っている弁護士事務所は多いようです。

DVは離婚弁護士に相談

あらゆる離婚問題がありますが、その中でもDVはかなり深刻な問題だと思われますので、離婚弁護士に相談する事を考えてみるのもいいでしょう。

離婚弁護士に相談すると、法律の面から対処する事もでき、また離婚弁護士という第三者が仲介する事で、解決しやすくなる事もあるでしょう。

また、離婚弁護士に相談する事で、離婚をする事はもちろんですが、離婚するまでに怪我などをする事がない様にするという事も大切です。

離婚弁護士に相談する際には、証拠があった方がいい場合もあります。怪我をしたなどという事があれば、できる範囲で証拠となる写真を残しておいた方がいいかと思われます。携帯電話を使うと簡単に撮影できます。

大阪で離婚弁護士同士で話を行う

近い将来、離婚を控えている夫婦がそれぞれ離婚弁護士に相談して対応の依頼をした場合には、離婚弁護士同士で話をするという事になります。

離婚弁護士同士で話を行うと、スムーズに話がまとまる事も多い様です。また、必要な話を逃す事なく行う事ができますので、きっと離婚をした後にも、問題なく生活できる場合が多いでしょう。

相手が離婚弁護士を利用しているという事が分かれば、ぜひ自分も法律相談を受けて対応してもらうのが好ましいでしょう。

何と言っても離婚弁護士は法律のプロですので、自分達であれば進展させる事が難しい問題であったとしても、きっと前に進める事ができるのではないかと思われます。

弁護士とのトラブルについて

トラブルなどを解決していくうえで、法的な方法が必要とされる場合には、専門家(弁護士・司法書士などの法律事務所)に依頼することが必須となります。

しかしながら、そのような専門家(弁護士・司法書士などの法律事務所)とトラブルになってしまうケースもあります。

例にあげることのできる内容としては、事件処理における方法や結果などを巡って、トラブルになってしまったり、弁護士の報酬などの費用に対してトラブルが起こってしまうこともあります。

このようなトラブルを起こさないように、弁護士側も気をつけていて依頼者とのやりとりは慎重に行われています。このようなトラブルを起こさない秘訣においては、法律事務所を訪ねた際にしっかりと双方で、話しをすることです。

弁護士の給料などの実態

弁護士というと、頭が良く難しい仕事をこなし、給料も良いのだろうと漠然としたイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。法律事務所で依頼を受ける場合もあれば、企業の法務部などに所属する場合もあります。

また、交通事故や相続手続きなど専門分野がそれぞれあり、その専門によっても依頼料や収入も変わってくるようです。

意外にも、男女では女性の方が高収入という統計もあります。離婚問題などの家庭内の案件やセクハラに対する訴えなどについては女性の弁護士へお願いしたい人と考える人も多いので、需要が高まっているようです。

法律のスペシャリストである弁護士について

近年、弁護士にスポットをあてたドラマやゲームも多く、その仕事については多くの方に知られている事かと思います。

その中で描かれる弁護士像は、裁判で被告人を守るために熱弁を奮い、活躍する姿が多く描かれています。

しかし、それだけに限らず、個人や法人が抱える様々なトラブルの解決に向けてサポートを行ったり、トラブルの予防法についてアドバイスを行ったりと、法律のスペシャリストとして活躍しています。

気軽に相談できる法律事務所もあるので、何かトラブルに見舞われた場合には、一度相談してみるのが解決への近道かもしれません。

弁護士になるための道

弁護士資格を取得するためには司法試験に合格しなければなりません。司法試験の受験資格を得る為には大変厳しい道のりとなっています。

司法試験を受けるまでには2つの道があります。1つ目が法科大学院を修了すること、2つ目が司法試験の予備試験に合格することです。

どちらかを合格して、やっと司法試験を受験することができます。その司法試験に合格しても約1年間の司法修習を受けたのち、司法修習考試に合格することが必要です。

これらを終えてやっと弁護士になることができます。資格を得たあと、だいたいの人は法律事務所に就職します。法律事務所で経験を積んだ後、自分で法律事務所を開業する人もいます。

弁護士に仲介を依頼しない交通事故

自分たちだけで話をして済ます事ができる程度の、小さな交通事故であれば慰謝料ではなく示談にする事ができます。

慰謝料が発生し弁護士が欠かせないほど怪我をするなど、大きな交通事故となれば弁護士は欠かせない場合もあります。

一般的に交通事故が発生した場合には、警察や救急車を先に呼んで、その後で弁護士を付ける事が多いと思います。しかし、中には弁護士に依頼するかどうか悩むほど中程度の交通事故もあると思います。その場合には、被害者自身の意向を重視して、自分で決めるといいでしょう。

いろんな事を総合的に判断して、今回の交通事故においては特に弁護士が必要ないだろう、と決断するのもいいかと思います。

弁護士の仕事

弁護士にはさまざまな働き方があり、渉外弁護士や企業内弁護士などもあります。

渉外弁護士は、企業・渉外法務を専門に手がけ、基本的に法廷に立たない弁護士のことをいいます。企業内弁護士は、特定企業の社員・役員として働きます。法律知識を生かして企業の法律関係の業務をします。

他にも民事に関わる仕事が多く、離婚調停や金銭トラブルの解決などをします。
近年、企業の国際化などの影響もあり、企業の取引や国際問題を扱う弁護士も増えており、今後の活躍が期待できます。

弁護士は経験や仕事内容、実力などで給料が大きく左右される職業です。

債務整理手続きについての注意点

借金をしても債務整理があるから大丈夫と安易に考えるのは危険です。大きな恩恵を受けられる代わりに、当然デメリットも存在します。任意整理以外は裁判所での手続きが必要となるため、弁護士費用など金銭的な問題だけでなく、時間的な拘束もあります。

基本的には平日に出廷することになりますから、仕事にも影響が出てきます。また、数ある債務整理の中でも裁判所を通さない任意整理でも事故情報登録されるため、今後ローンを組んだりクレジットカードを申し込んだりしたくても制限が課せられてしまいます。

弁護士に債務整理を依頼するにしても、基本的には真面目にコツコツと返済していくのが前提となります。

債務整理について相談する相手

債務整理の中でも破産手続きや再生手続きについては必ず弁護士を立てなければならないため、相談相手は必然的に弁護士となります。

一方、特定調停や任意整理については、債務者個人が債権者と交渉して返済方法を決定することもできます。しかし、実質的には書類の作成や利率の計算など専門知識が必要なことや、交渉事になれていない個人が債権者と渡り合うのは非常に難しいです。

円滑に債務整理を行うため、やはりこちらについても弁護士に相談することが望ましいといえます。弁護士によって得意分野が異なりますので、初回相談なども利用しながら、安心して依頼できるところを探しましょう。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

頼れる弁護士に関する記事

メニュー