悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。

交通事故の相談

頼れる弁護士

近くに知り合いの弁護士がいない時にはどうするの?そんな時は弁護士会にご相談ください。市役所の法律相談でもOKです。

おすすめコンテンツ

過払いと司法書士

借金でどうしようもなくなることってあります。そんな時はまずは弁護士にご相談を。自治体や弁護士会で無料相談会をしています。

TOP > 弁護士 大阪 弁護士 訴訟肝炎 > B型肝炎訴訟 > 無症状でも可能なB型肝炎給付金請求

目次

無症状でも可能なB型肝炎給付金請求

症状がない人の場合には、自覚がないために、B型肝炎給付金請求ができないと思っている人もいます。しかし、ウイルスに感染していると、無症状であってもB型肝炎給付金請求を行う事ができます。

また、無症状の人は、B型肝炎給付金請求を行って、給付金を受け取ると同時に、病気が発症した際には、早期に治療を受ける必要があります。

そのため、B型肝炎給付金請求を行うのはもちろんですが、自分自身の健康維持という点においても早期発見が重要です。

また、B型肝炎給付金請求を行う事ができれば、給付金を受け取るだけではなく、今後の検査費用まで受け取る事ができますので、ぜひ手続きを済ませましょう。

2度目以降のB型肝炎給付金の相談

現在に至るまでにB型肝炎給付金の相談を受けた事があるという人も、病状に変化があれば、再度B型肝炎給付金の相談を受ける必要があります。

B型肝炎給付金の相談を受ける事で、追加で費用を受け取る事ができます。早くB型肝炎給付金の相談を受けると、症状に変化があったらどうしようと不安な人もいる様ですが、2度目以降もB型肝炎給付金の相談を受ける事ができます。

ですので、これから先の事について不安に感じる必要はありません。一日でも早く救済を受ける事ができれば、きっと安心して生活する事ができるでしょう。

過去に一度手続きを行った事があれば、全体の流れについて把握している事でしょう。

大阪で司法書士事務所を探すなら「司法書士 大阪」で検索。

相続人が受け取るB型肝炎給付金

特殊なケースを除いて、B型肝炎給付金は基本的に被害者となる本人が受け取る事になります。しかし、本人がすでに病気で亡くなっている場合は、B型肝炎給付金を受け取る事ができません。

その様な場合には、B型肝炎給付金を相続人が受け取る事になります。本人が亡くなっている場合には、相続人が受け取る事ができるB型肝炎給付金は高額に及びます。

そのため、B型肝炎給付金の受け取り手続きについては、弁護士に対応してもらうなどして、トラブルを回避する事が必要です。

相続人が複数いる場合には、問題が発生しない様にする努力が必要となります。最終的には問題を円満に解決する事ができればいいでしょう。

大阪で弁護士事務所を探すなら「大阪 弁護士」で検索。

B型肝炎訴訟の期限が変更

B型肝炎訴訟の期限が変更になりました。令和4年1月12日までとなっていたのが、期限を令和9年3月末まで5年延長する方針で政府が動いています。まだ、申請している方が少ないことが原因です。

コロナ禍でさらにB型肝炎訴訟をしようとする方に遅れがでるのではないか?また、そのような方を見殺しにするのではないか?という批判を避けるためのようにも思います。

まだ、令和9年3月末までというのは決定ではありません。本当はもっと活発にB型肝炎訴訟によって給付金が支払われるといいのですが、そのような裁判を考えているよりも今の現状を大切にする方も多いのではないか?と思います。

B型肝炎訴訟の期限が延長され、より多くの方が救われるというのは非常にいいことでしょう。まだ、期限の延長は決定されていませんので一部の報道機関のホームページでしか確認できません。

B型肝炎訴訟の期限が確実に延長されたわけではないので訴訟、給付金請求をした方がいいことには変わりはありません。

訴訟 肝炎について

B型肝炎訴訟はまだまだ

B型肝炎訴訟による給付金請求は本来予想される総数よりもかなり少ないようです。B型肝炎給付金の請求期限は、法律の施行から10年が経過する来年1月までとなっていますが、2020年10月末時点で手続きをとったのは、対象と見込まれるおよそ45万人のうち、18%にあたる8万2000人余りにとどまっています。

そう考えるとまだまだなのです。B型肝炎訴訟もまだまだ続くということであります。さすがに18%で期限がきましたのでB型肝炎訴訟は受け付けませんはないでしょう。

あと5年延期という方向みたいです。その5年間でどれくらいの方が実際にB型肝炎訴訟を起こし、B型肝炎の給付金請求をするのでしょうか?

その数によってはさらに期限が延期されるかもしれません。このようなことは今のコロナ禍では他のニュースにかき消されているようにも思います。

私もNHKのニュースで1回見た切りです。まだ、まだ知らない方も多いでしょうが、実際に法案としてB型肝炎訴訟の受付期限が延期になればもっと大きく報道されるでしょうが。

大阪で法律事務所を探すなら「大阪 法律事務所」で検索。

B型肝炎訴訟のCM

コロナ禍においても以前よりは少なくなりましたが、B型肝炎訴訟のCMが流れています。大手の弁護士事務所やB型肝炎訴訟で有名な弁護士事務所です。

まだまだB型肝炎訴訟が少ないと言われており、ニーズもあると考えている弁護士事務所が多いということなのかもしれません。

もう、過払い金請求が少なくなってきており、今、交通事故や相続そしてB型肝炎訴訟というものにと考えている弁護士事務所が多いそうです。

特にその中でもB型肝炎訴訟と相続は多くの弁護士事務所が力を入れています。そういうこともあってコロナ禍においてもB型肝炎訴訟のCMはまだまだ続くのです。

また、NHKの報道によるとB型肝炎給付金請求の期限が延期されそうです。まだ、確定ではにようですが、そのうち報道されるでしょう。

そうなると今以上にB型肝炎訴訟に関するCMが増えるかもしれません。

B型肝炎訴訟に関する記事

メニュー