悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の弁護士、法律事務所

大阪、京都、神戸の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士、法律事務所に依頼しましょう。(過払い、交通事故慰謝料、B型肝炎訴訟等

交通事故の相談

交通事故を相談するなら交通事故弁護士に。大阪府、京都府、兵庫県にも多くの交通事故弁護士がいます。

交通事故の慰謝料、示談金、治療費などでお困りなら今すぐ弁護士に相談しましょう

頼れる弁護士

近くに知り合いの弁護士がいない時にはどうするの?そんな時は弁護士会にご相談ください。市役所の法律相談でもOKです。

弁護士、法律事務所は大阪、京都、神戸には多くあります。問題の解決なら相談しましょう。

おすすめコンテンツ

B型肝炎給付金請求やB型肝炎訴訟の相談、離婚の相談は弁護士へ。専門の弁護士、法律事務所に相談するといいです。

過払いと司法書士

借金、多重債務でどうしようもなくなることってあります。そんな時はまずは弁護士、法律事務所にご相談を。自治体や弁護士会で無料相談会をしています。

過払い請求や自己破産などの債務整理で楽になるかもしれません。

TOP > 交通事故慰謝料 > 事例以外も大事な交通事故慰謝料

目次

事例以外も大事な交通事故慰謝料

もちろん、交通事故慰謝料については、事例を確認すると、分かる事も多く、大事な情報だと言えます。しかし、交通事故慰謝料は事例以外にも基本的な事を把握しておく必要があります。

また、交通事故慰謝料の事例の様に、問題があるケースだけではありません。交通事故慰謝料の事例の様に問題を抱えておらず、このまま解決していいのか分からないという場合にも、弁護士相談をする事ができます。

このまま書類にサインをして解決してもいいと弁護士が判断するケースもあり、念のために交通事故弁護士のアドバイスをもらう事で、安心して解決できます。交通事故慰謝料の事例を参考にしながら、気軽に交通事故弁護士に相談しましょう。

事例を基にした自賠責保険と交通事故慰謝料との関係性

自賠責保険は、交通事故の被害者が最低限の補償を受けられるように国で制定した保険制度です。全ての車両に契約が義務付けられているので、強制保険としても知られています。

交通事故の被害者は、身体的なケガで入院や通院をするのに加えて精神的にも大きなダメージを受けてしまいます。この、精神的なダメージに対して請求できる賠償金が交通事故慰謝料です。

慰謝料には、精神的な苦痛という特質から実費が基本の治療費などとは異なり、個人差という問題が生じて尺度化しにくいという特徴があります。

そのため、交通事故ごとの格差を少なくするために交通事故慰謝料には算定基準が設定されています。

自賠責保険の慰謝料基準では、交通事故によるケガの治療期間と実際に治療のために通院した日数の2倍のいずれか短い日数分の慰謝料が支払われるルールになっています。

例えば治療期間が100日の事例では、実際に通院した日数が45日であれば45日の2倍の90日と治療期間の100日を比べて短い日数の90日分の慰謝料を、通院日数が51日であれば51日の2倍の102日と治療期間の100日を比べて短い日数の100日分の慰謝料を請求することができる仕組みになっています。

多額のお金が動く、交通事故慰謝料

誰しも起こそうと思って事故を起こすわけではありません。しかし、日常のふとした瞬間に、日本のどこかで毎日起こってしまうのが交通事故です。

日本は車社会のため、交通量は多いです。明日は我が身かもしれません。

そんな交通事故、実は多額の交通事故慰謝料の事例が数多くあります。事故によっては、一生寝たきりになってしまったり、最悪の場合は死に至ったりすることがあります。

1人ではどうすることもできない多額の交通事故慰謝料をまかなうために、自動車保険は存在するのです。近年は、自転車事故による多額の慰謝料が発生する事案もでています。

電話で相談する賠償金や交通事故慰謝料

すぐに法律事務所を訪れる事が難しい場合には、賠償金や交通事故慰謝料について電話で相談する事もあるでしょう。

電話で賠償金や交通事故慰謝料について相談するには、分かりやすく法律家に説明する必要があります。

賠償金や交通事故慰謝料の事だけではなくて、事故の経緯なども説明する必要があります。

ですので、電話で賠償金や交通事故慰謝料について相談するのであれば、事前に話をまとめておく様にしましょう。

そうすると、スムーズに相談できます。また、メールで賠償金や交通事故慰謝料について相談する際には、考える時間を取る事ができます。

見直しをして、分かりにくい部分は修正するという事もできます。

交通事故慰謝料に含まれる費用

交通事故が発生すると非常に多くのことにお金をかけなければいけません。ぶつかった車の修理費用やケガを負った場合は治療費や通院費など、決して安い出費で済むものではないのです。

そのため、交通事故慰謝料として求められる金額も高くなり、加害者にとっては支払いが難しいものとなってしまいます。

そのときに助けとなってくれるのが加入している保険会社の存在で、事故を起こしてしまった際の対応に慣れている方が多くいるので、安心して任せられます。

そしてお互いに納得できる交通事故慰謝料に抑えることが大切なので、二次トラブルに発展しないためにもしっかりと話し合いましょう。

交通事故慰謝料に関する記事