悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。

交通事故の相談

交通事故を相談するなら交通事故弁護士に。大阪府、京都府、兵庫県にも多くの交通事故弁護士がいます。

交通事故の慰謝料、示談金、治療費などでお困りなら今すぐ弁護士に相談しましょう

頼れる弁護士

近くに知り合いの弁護士がいない時にはどうするの?そんな時は弁護士会にご相談ください。市役所の法律相談でもOKです。

弁護士、法律事務所は大阪、京都、神戸には多くあります。問題の解決なら相談しましょう。

おすすめコンテンツ

B型肝炎給付金請求やB型肝炎訴訟の相談、離婚の相談は弁護士へ。専門の弁護士、法律事務所に相談するといいです。

過払いと司法書士

借金、多重債務でどうしようもなくなることってあります。そんな時はまずは弁護士、法律事務所にご相談を。自治体や弁護士会で無料相談会をしています。

過払い請求や自己破産などの債務整理で楽になるかもしれません。

TOP > 大阪 法律事務所 訴訟肝炎 > B型肝炎訴訟 > B型肝炎訴訟の給付金は非課税 B型肝炎訴訟の和解から給付金支給まで

目次

B型肝炎訴訟の和解から給付金支給まで

幼少時期の集団予防接種などで、注射器を連続使用したことが原因でB型肝炎ウイルスに感染した人には、国から給付金が支払われます。

ただ実際に支給を受けるためには、資料を揃えた上でB型肝炎訴訟を起こす必要があり、特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法では、和解期間が定められているため、期間内に請求を訴える必要があります。

なぜ訴訟を起こさなければ支給されないのかというと、本当に集団予防接種などで感染したかどうかを裁判で審議するためで、注射器の連続しようによる感染であることを、証明しなければいけません。

B型肝炎給付金請求について

B型肝炎訴訟の対象者であれば早めに対応を

昔B型肝炎に感染してしまった人は、肝炎訴訟の対象者である可能性があります。

昔学校などで予防接種を受けたことでB型肝炎に感染したなど、訴訟の対象になる理由が決まっています。また感染した時期によっても、給付金が受けられる対象になるかが決まっています。

B型肝炎訴訟をすると、国から給付金が出ることもあります。専門の機関に相談することで、自分が対象であるか確認することもでき、アドバイスを受けることもできます。

対象かどうか気になっている場合は、請求の期限などもありますので早めに動き出すようにすることが大切です。

大阪で弁護士事務所を探すなら「大阪 弁護士」で検索。

B型肝炎訴訟に関する記事

B型肝炎訴訟は法律事務所に相談すべき理由

B型肝炎の患者が給付金は、役所や病院にいって、B型肝炎である書類を書いたり、医師の診断書をつけて申請する方法では受け取ることはできません。受け取るには、B型肝炎訴訟を起こさなければなりません。

つまり、B型肝炎の感染者であるだけではだめで、国が指定するB型肝炎の感染経路で感染したことを裁判で証明し、国と和解する手順を進めなければ給付金は受け取れないのです。

国を訴えて、給付金を受け取る権利を主張する法廷での手続は、法律手続に詳しくない一般の個人では困難です。つまり、B型肝炎訴訟は、弁護士つまり法律事務所に相談して、任せるべきだといえます。

B型肝炎訴訟にかかる費用と給付金額

B型訴訟肝炎を起こして国と和解し、受け取れる給付金の額は、病気の状態に応じて異なります。死亡や肝がん、重度の肝硬変で3600万円、軽度の肝硬変で1250万円、慢性B型肝炎は1250万円、発症から20年を経過した慢性B型肝炎で現在も治癒していない人は300万円、20年を経過した慢性B型肝炎で治癒している人は150万円、集団予防接種から20年経過していない無症候性キャリアは600万円、20年が経過した無症候性キャリアつまり特定無症候性持続感染者は50万円です。

次に、B型肝炎訴訟の費用については、印紙代が給付請求額によって128000円から5000円、切手代がおよそ6000円かかります。

また、弁護士報酬は、給付金額の4%から16%で、事務所により異なります。ただし、給付金の4%が、国から弁護士費用の補助金として給付されます。

B型肝炎訴訟について

集団予防接種における注射器の使い回しが原因になり、B型肝炎ウィルスに感染させられた人を対象に、全国原告団、全国B型肝炎訴訟弁護団が結成されています。

B型肝炎ウィルスに持続感染していることや、集団予防接種を受けた経験があること、さらに、母親が集団予防接種を受けたことによる感染者であることなどの条件を満たすことによって、提訴が可能です。

また、国からの損害賠償金であるB型肝炎給付金を受け取ることができるため、条件の判断基準と共に、救済処置や弁護士などのサポートを利用することが問題解決へ向けての重要点ともなります。

B型肝炎訴訟を通じた国の対応

過去に実施された集団予防接種において、注射器を連続使用したことが原因になり、B型肝炎ウイルスに感染してしまった方がたくさんいます。

B型肝炎訴訟は、そういった方々が法的責任に基づいて損害賠償を求める裁判のことです。国の責任は最高裁判所での判決によって基本合意の下で成り立っており、和解による制度制定によって対象者へ給付金が支払われるようになっています。

B型肝炎ウイルスによる様々な症状によって、給付金の内容なども異なり、正しい知識や情報が必要とされるものでもあります。弁護士へ相談をしながら、手順に沿った手続きや、損をしない給付金の受け取りが実現させられます。

弁護士の無料相談を利用したいB型肝炎訴訟

これまでに法律相談を受けた事がない人なら、B型肝炎訴訟について弁護士に相談する際に、敷居が高く感じられたりする事もあるでしょう。

B型肝炎訴訟に関して弁護士相談を行う際には、無料相談からスタートしてはどうでしょうか。B型肝炎訴訟の事で弁護士に相談した際に、いきなり費用が発生するとなれば、緊張してしまう事もあります。

しかし、まずはB型肝炎訴訟について無料で弁護士と話ができるとなれば、気軽に相談する事ができます。

自分で相談先の弁護士を選んでB型肝炎訴訟を行う場合には、まず無料相談でやり取りを行ってみるといいでしょう。相談しやすいと感じる人であれば、ぜひ依頼しましょう。

B型肝炎の給付金を貰うためには?

B型肝炎給付金請求のTV CMを見たことがないという方はいないでしょう。毎日、数回は見ますよね。どんだけB型肝炎給付金請求をする方がいるんだ?また、どんだけ弁護士は儲かるんだ?と思ってしまいます。

あんなにTVでするとなんかすごい問題なんだとは思うが、一方で昔の弁護士の過払い金請求を思い出してしまいます。金儲けが先に立ちすぎです。

弁護士の先生は賢いのでそんなことは思わずにきっとこのTV CMで助かる人が増えるので良かった。良かったと思えるのでしょう。

ちょっと性格がひん曲がった私には素直には受け止められません。ただ、この活動自体は非常に大切なことだとは思っています。

全国の予防接種で感染したB型肝炎に対してなんらかの補助、助けを出すのは当たり前だと思うのです。

その給付金の存在を知らしめるということにおいてはすごく意味のあることだと思います。実際に調べると患者本人が請求できるようですが、厚生労働省のホームページの該当ページとそれに添付しているファイルを見るだけでうんざりしました。

素人が請求するにはハードルが高いように思いました。そうなるとどうするのか?ということで弁護士なんでしょう。

ただ、いろいろな条件、要項があるようですのそれを理解する必要があるのですが、弁護士に依頼するにしても患者本人がある程度は理解しないといけないのでそれだけでも大変だと思いました。

また、この請求には多くの書類を作成、提出が必要みたいですが、B型肝炎給付請求に精通した弁護士ならそのあたりは問題ないでしょうから、プロに依頼する方がいいでしょう。

また、この給付金はなかなかもらえないようなので少し早めに提出する方がいいように思います。早めにというのは思い立ったら早くという意味です。

治療費も大変だしと思ってそれから迷ているうちにお金は無くなりますので、早めにもらえるように早めに請求を出すことが必要です。

請求しても半年以上かかる場合もあるようですのでそれも理解しておく必要があります。

B型肝炎給付金請求をいろいろな弁護士で取り扱っておりますが、やはり評判がいいところにお願いする方がいいと思います。

まずは評判をチェックしてから相談してみるといいでしょう。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

メニュー