悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都

大阪、京都、千葉の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士に依頼しましょう。

交通事故の相談

交通事故を相談するなら交通事故弁護士に。大阪府、京都府、兵庫県にも多くの交通事故弁護士がいます。

交通事故の慰謝料、示談金、治療費などでお困りなら今すぐ弁護士に相談しましょう

頼れる弁護士

近くに知り合いの弁護士がいない時にはどうするの?そんな時は弁護士会にご相談ください。市役所の法律相談でもOKです。

弁護士、法律事務所は大阪、京都、神戸には多くあります。問題の解決なら相談しましょう。

おすすめコンテンツ

B型肝炎給付金請求やB型肝炎訴訟の相談、離婚の相談は弁護士へ。専門の弁護士、法律事務所に相談するといいです。

過払いと司法書士

借金、多重債務でどうしようもなくなることってあります。そんな時はまずは弁護士、法律事務所にご相談を。自治体や弁護士会で無料相談会をしています。

過払い請求や自己破産などの債務整理で楽になるかもしれません。

TOP > 弁護士 大阪 弁護士 訴訟肝炎 > B型肝炎訴訟 > B型肝炎訴訟の給付金は非課税

目次

B型肝炎訴訟の給付金は非課税

B型肝炎訴訟の給付金は、死亡・肝ガン・重度の肝硬変の3,600万円から無症候キャリアの50万円まで、症状によって金額は様々です。給付金は全て非課税で、感染者の遺族においても財産には当たらず非課税扱いとなります。

この制度は期間限定の救済措置で、平成29年1月12日までに国に対して訴訟を起こす形で申請手続きをします。持続感染者であることを証明するために6ヶ月の間を空けて2回の検査が必要ですので、早めに申請しなければいけません。

揃える書類がたくさんあり、弁護士を立てて申請しますが、その費用も上乗せされます。

B型肝炎給付金請求に向けて

これからB型肝炎給付金請求をしたいと考えている場合にはどうすればいいのでしょうか。B型肝炎給付金請求というのは裁判をしないといけませんので、弁護士を頼る場合とすべて自分で行う場合を比較すると、かなり大変さが違ってくるという事が予想されます。

B型肝炎給付金請求に向けて、多くの人が弁護士を頼っています。B型肝炎給付金請求に向けては、弁護士探しをするという事が、まずすべき事として考えられます。

共にB型肝炎給付金請求を行うパートナーとなりますので、重要な役割を果たす事になるでしょう。後は、弁護士と話をしながら進める事ができますので、依頼を終える事ができれば、肩の荷が下りると感じている人もいる様です。

大阪で弁護士事務所を探すなら「大阪 弁護士」で検索。

B型肝炎訴訟に関する記事

B型肝炎給付金が受け取れるウイルス感染者

平成24年に、特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法が制定されました。

これは、昭和23年から昭和63年に集団予防接種を受けた方で、注射器の連続した使用が原因でB型肝炎ウイルスに感染した方に対してB型肝炎給付金を支給するということを記した法律になります。

B型肝炎給付金の支給対象者は、上記期間の予防接種が原因でB型肝炎に感染した方、および、その方から母子感染した方となります。

死亡、肝がんや肝硬変などその人の病態により支給額は異なり、50万円から最大3600万円までの支払い額となっています。

B型肝炎給付金請求について

B型肝炎訴訟・給付金の請求は弁護士に依頼しないとできないの?

結論から言えば、B型肝炎訴訟は自らの手で提起する事も可能です。但し国の責任による感染であると判断される為の資料の準備や、訴訟全般に掛かる手続きも全て自らが瑕疵無く行う必要性が生じます。

各所に出向く必要も生じますし、中には一般的な知識だけでは作成が困難な書類も存在します。

B型肝炎訴訟の場合、弁護士費用に関しては一部が国から補助される事になっています。自ら訴訟提起をすれば依頼費が無くなるので給付金の手取りが高くなりますが、この補助がある為に差額は小さくなっています。

基本的にはスムースな手続きを行う為にも、弁護士への依頼を行った方が良いとは言えます。

B型肝炎給付金を受けるために

予防接種法等の法律に基づいて、過去に幼少期に集団予防接種を強制させられてきたという経緯を持つ方が多くいることでしょう。

注射器の使いまわしがおこなわれて、B型肝炎ウイルスに感染してしまった方がたくさんいるのです。

将来の発症の不安や、慢性肝炎などの病気に苦しむ方のために、国から支払われる損害賠償金のことをB型肝炎給付金と言い表されています。

感染している事実証拠などを揃え、定められた訴訟手続きを行うことで、病状ごとに決められた金額を受け取ることができます。

患者全員に給付金が支払われる制度ではなく、注意が必要です。

B型肝炎訴訟による救済措置

B型肝炎訴訟による和解によって、これまでおこなわれてきた集団予防接種が原因となるB型肝炎ウイルスについては、感染した被害者に給付金が支給される救済措置がとられています。

自分が対象に入るのかどうか知りたい時など、弁護士へ相談することで疑問や悩みが解決できるケースも見受けられます。

訴訟について詳しく知りたいという場合においても、情報として入手しやすくなる他、インターネットを活用することで詳細を調べることも可能です。

全国に関連の弁護団が存在するなど、困った時に頼りになる存在でもあり、正しい手続きを行うためには利用したいものです。

B型肝炎訴訟 肝炎問題を解決するなら弁護士へ。

B型肝炎給付金請求なら弁護士法人みお綜合法律事務所

B型肝炎給付金請求というのはB型肝炎になっている方が集団予防接収が理由の場合に請求できるものです。

最近ではあまり、集団予防接収という言葉自体、あまり聞きませんが、昔は普通にありました。そんな集団予防接収が原因でB型肝炎にかかった方を救おうというものです。

なかなか国が認めてくれずにいましたが、最近では国が要件を満たせば給付金をくれます。ただ、この要件にきっちりはまる場合においても証明する資料などが必要なのです。

そのため、B型肝炎給付金を請求するのは一苦労なのです。そんな時には弁護士を利用するのが手っ取り早くて便利です。とはいっても無料ではありません。

成果報酬的に請求した給付金が納付された時にその納付金から支払うというのがあります。これはすべての弁護士事務所でそのような仕組であるというわけではありません。

どうしてか?というと必ず給付金がもらえるというわけではないことと、給付までに半年以上かかることがあるのです。

そうなると弁護士事務所も資金繰りが大変になります。だからその点を確認の上で弁護士事務所を選ぶことが必要です。

大阪、京都、神戸の弁護士法人みお綜合法律事務所なら費用はB型肝炎給付金が給付されてからなので安心です。更に、実績も多く、安心してお願いできる弁護士です。

B型肝炎訴訟に関する厚生労働省のホームページ

B型肝炎訴訟についてのホームページを厚生労働省がアップしています。題名は「B型肝炎訴訟について(救済対象の方に給付金をお支払いします)」です。

B型肝炎訴訟に関連する方は一度見てみてください。かなり詳しく1ページで作成されています。

このページにはかなりの添付ファイルが作成されていて、アンケートまであります。

給付金等の請求手続きに関するお問い合わせ窓口、弁護士団サイトへのリンクもあります。

このページを見てB型肝炎給付金がもらえそうな方、対象者であるならお問い合わせ窓口に連絡するというのもいいでしょう。

B型肝炎訴訟の弁護団のサイトで相談するのもいいでしょう。このページを見てわかるのは結構理解することが多いこと、そして手続きが大変なことがわかります。

個人でも何度も相談窓口とやり取りをして給付金請求を行うという手もあります。

時間と手間とを考えてB型肝炎訴訟の弁護団に給付金請求を依頼するというのもいいでしょう。

それ以外にもっと詳しく調べたいのであれば、弁護団のサイトで詳しく説明してありますので一度見てみるといいでしょう。

B型肝炎訴訟の弁護団のサイトというのは各地域の弁護団がそれぞれホームページを有しており、お近くの弁護団のホームページを見ていただくのいいと思います。

大阪の場合ですと一つの弁護士事務所が行っています。給付金請求を依頼したいけれど、弁護士事務所を選べないのが残念だということであれば、知り合いやB型肝炎給付金請求に詳しい弁護士がいる、知っているというのであればそこに依頼するのがいいでしょう。

その他の地域でもこの弁護団以外でもB型肝炎訴訟に強い弁護士に依頼すると問題はありません。

ただ、国からB型肝炎訴訟で給付金を勝ち取るために頑張って頂いた弁護士団に依頼したいというのもあるでしょう。

B型肝炎になった方がどのように考えるかだと思います。より多くの給付金を請求したいなどの条件を優先して弁護士事務所を選ぶのか?それともB型肝炎訴訟の弁護団の功績を考量した筋的なものを考えるのか?は請求者の考え方次第だとおもいます。

よく考えてどの弁護士事務所にするのか?を考えるといいでしょう。

また、ある弁護士事務所で相談してもうまくいかない場合はB型肝炎に強い弁護士ならどうにかなるかもしれませんので違う弁護士に依頼するのもいいでしょう。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

メニュー