悩んだ時の弁護士Guide 大阪、京都の弁護士、法律事務所

大阪、京都、神戸の弁護士に相談する前に

悩んだときに信頼できる弁護士、法律事務所に依頼しましょう。(過払い、交通事故慰謝料、B型肝炎訴訟等

交通事故の相談

交通事故を相談するなら交通事故弁護士に。大阪府、京都府、兵庫県にも多くの交通事故弁護士がいます。

交通事故の慰謝料、示談金、治療費などでお困りなら今すぐ弁護士に相談しましょう

頼れる弁護士

近くに知り合いの弁護士がいない時にはどうするの?そんな時は弁護士会にご相談ください。市役所の法律相談でもOKです。

弁護士、法律事務所は大阪、京都、神戸には多くあります。問題の解決なら相談しましょう。

おすすめコンテンツ

B型肝炎給付金請求やB型肝炎訴訟の相談、離婚の相談は弁護士へ。専門の弁護士、法律事務所に相談するといいです。

過払いと司法書士

借金、多重債務でどうしようもなくなることってあります。そんな時はまずは弁護士、法律事務所にご相談を。自治体や弁護士会で無料相談会をしています。

過払い請求や自己破産などの債務整理で楽になるかもしれません。

TOP > 訴訟肝炎 > B型肝炎訴訟 > B型肝炎訴訟で受け取れる金額

目次

B型肝炎訴訟で受け取れる金額

子供の頃に受けた集団予防接種によってB型肝炎ウィルスに感染してしまった方はある一定の条件を満たすことができれば、B型肝炎訴訟で給付金を受け取ることができます。

受け取れる給付金は、症状によって金額が異なります。
死亡した場合や肝がん、重度の肝硬変ならば3600万円、軽度の場合でも2500万円、20年が経過している場合では同じ症状であっても900万円に少なくなったり、慢性のB型肝炎なら1250万円、2無症候性キャリアなら50万円ほどの金額を受け取ることができます。

そのほかにも訴訟手当として、弁護士費用なども対象になります。

B型肝炎訴訟で給付金が支給される可能性があります

子供のころに受けた集団予防接種等で、B型肝炎ウイルスに感染した方は最大で40万人以上いるといわれています。

そのような感染者にB型肝炎訴訟を行うことによって給付金が国から支給さる可能性があります。集団予防接種を7際になるまでに受け、その際に注射器を変えずに使用していたことで感染した方が対象で、病態に応じて数十万円から数千万円支給されます。

支給を受けるためにはいくつかの条件があります。
その予防接種を昭和23年7月1日から昭和63年1月27日の間に、集団予防接種を受けた方、集団予防接種以外の感染原因が無い方などが条件となります。

詳しいことについては、厚生労働省のホームページに記載されています。

B型肝炎訴訟に関する厚生労働省のホームページ

B型肝炎訴訟についてのホームページを厚生労働省がアップしています。題名は「B型肝炎訴訟について(救済対象の方に給付金をお支払いします)」です。

B型肝炎訴訟に関連する方は一度見てみてください。かなり詳しく1ページで作成されています。

このページにはかなりの添付ファイルが作成されていて、アンケートまであります。

給付金等の請求手続きに関するお問い合わせ窓口、弁護士団サイトへのリンクもあります。

このページを見てB型肝炎給付金がもらえそうな方、対象者であるならお問い合わせ窓口に連絡するというのもいいでしょう。

B型肝炎訴訟の弁護団のサイトで相談するのもいいでしょう。このページを見てわかるのは結構理解することが多いこと、そして手続きが大変なことがわかります。

個人でも何度も相談窓口とやり取りをして給付金請求を行うという手もあります。

時間と手間とを考えてB型肝炎訴訟の弁護団に給付金請求を依頼するというのもいいでしょう。

それ以外にもっと詳しく調べたいのであれば、弁護団のサイトで詳しく説明してありますので一度見てみるといいでしょう。

B型肝炎訴訟の弁護団のサイトというのは各地域の弁護団がそれぞれホームページを有しており、お近くの弁護団のホームページを見ていただくのいいと思います。

大阪の場合ですと一つの弁護士事務所が行っています。給付金請求を依頼したいけれど、弁護士事務所を選べないのが残念だということであれば、知り合いやB型肝炎給付金請求に詳しい弁護士がいる、知っているというのであればそこに依頼するのがいいでしょう。

その他の地域でもこの弁護団以外でもB型肝炎訴訟に強い弁護士に依頼すると問題はありません。

ただ、国からB型肝炎訴訟で給付金を勝ち取るために頑張って頂いた弁護士団に依頼したいというのもあるでしょう。

B型肝炎になった方がどのように考えるかだと思います。より多くの給付金を請求したいなどの条件を優先して弁護士事務所を選ぶのか?それともB型肝炎訴訟の弁護団の功績を考量した筋的なものを考えるのか?は請求者の考え方次第だとおもいます。

よく考えてどの弁護士事務所にするのか?を考えるといいでしょう。

また、ある弁護士事務所で相談してもうまくいかない場合はB型肝炎に強い弁護士ならどうにかなるかもしれませんので違う弁護士に依頼するのもいいでしょう。

B型肝炎訴訟に関する記事